南米旅行現地ツアー旅行会社スールトレック > ヴェネズエラ情報一覧 > ヴェネズエラの基本情報

ヴェネズエラの基本情報

南米の中でも特に馴染みの少ないヴェネズエラ。
エンジェルフォールだけではないヴェネズエラの魅力をたっぷりご紹介します。

ヴェネズエラ地図ヴェネズエラマップ

ヴェネズエラと聞いて日本人が最初に思い浮かべるのは、ギアナ高地やエンジェルフォールといった神秘に満ち溢れた山や滝でしょう。

ヴェネズエラは他にもカリブのリゾート地と言う一面も持っています。

首都カラカスからは約30分ほどでカリブ海に浮かぶサンゴ礁の島ロスロケス諸島に到着できます。

ここはカリブで一番大きな20万ヘクタール以上の国立公園を所有します。 また本土西部には南米最大の湖マラカイボ湖(1万3010km²)があり、国内消費の80%以上の石油が採取されています。

東部にはオリノコデルタと呼ばれる三角州が広がっており、何千もの小さな川が枝分かれして大西洋へとつながっていています。そして南部には陸の孤島とも言われるギアナ高地のテーブルマウンテンがあります。南米の象徴であるアンデス山脈がここヴェネズエラから始まり、熱帯圏に包まれた国土は日本の約2.5倍の面積があります。

ヴェネズエラの最大の魅力はユネスコの世界遺産にも登録されているカナイマ国立公園です。ギアナ高地にあるテーブルマウンテンのひとつアウヤンテプイには世界最大の落差を誇るエンジェルフォール(979m)があり、20億年前の地層から霧のような神秘的な水が流れ落ちています。

他の南米のどの国よりも神秘的な大自然とカリブの青い海のコンビネーションは、自然を愛する人にはたまらない組み合わせです!

ヴェネズエラという国について

面積:
91万2050k㎡(日本の2.5倍)
人口:
2681万人
首都:
カラカス(北部沿岸部)
公用語:
スペイン語
通貨:
ボリーバルフェルテ、日本円からのボリーバルフェルテへの両替はできないので通貨はUSドルを持っていくと手数料なしで両替が可能です。銀行での両替は一般的ではなく、空港内の両替所またはカラカス市内での両替になります。
人種:
66%混血(スペイン系とインディヘナまたは黒人)、22%白人、10%黒人、インディヘナ2%
宗教:
95%以上がカトリック
時差:
13時間半 (サマータイムは実施していません)
電圧とプラグ:
120ボルト、60ヘルツ、プラグは日本と同じタイプを使用しています。
気候:
雨季4月から10月、乾季11月から3月
産業:
世界有数の原油の産出国、鉱物資源など。
日本からのフライト:
直行便はなく経由で約20時間から25時間。
ヴェネズエラの気候:
雨季と乾季に分かれていて、カラカス付近の中央平原は4月から10月が雨季で、11月から3月が乾季になり南部のギアナ高地は年間通して降水量が多い地域になります。

ヴェネズエラの服装と持ち物リスト

平均して気温は20度前後と温かく、夜も過ごしやすいので夏服でなどで大丈夫ですが、高地ではやはり気温の差がありますので羽織るものを準備することが最適です。ギアナ高地では天候が変わりやすいので雨具やレインコートなどの準備が必要です。ロス・ロケス島などのカリブではとても日差しが強く特にここでは日陰になるような場所がないためサングラス、日焼け止めなどは持参するのが好ましいです。

  • 軽量の長袖の服
  • フリースやウールのジャケット
  • 水着
  • レインコートやポンチョ
  • 動きやすいシューズ
  • サンダル
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 虫除け・虫刺されの薬
  • 帽子/日傘
  • カメラ、双眼鏡

ツアーのお問い合わせ・相談はこちら

食文化

ヴェネズエラ料理ヴェネズエラ料理

ヴェネズエラもほかの南米諸国と同じくスペインの植民地化にありました。1499年に植民地化が開始されました。スペイン軍がヴェネズエラの北東部に位置する南米最大の湖マラカイボ湖を訪れた際にイタリアの湖の町ベネチア似ていたことから『ヴェネズエラ』という名前がついたと言われています。300年ほど植民地の統治の後に南米各地で18世紀に独立の動きが強まりました。この時、ヴェネズエラ出身のシモンボリバール(Simon Bolivar)の活躍で現在のコロンビア、エクアドル、ヴェネズエラをあわせてグラン・コロンビア共和国がスペインからの独立を果たします。その後、グラン・コロンビア共和国から分離し現在のヴェネズエラの原形が築かれます。

ヴェネズエラには植民地化以前は沢山の民族が暮らしていたといわれていましたが、次第に姿を消し現在は一部の地域にしか残っていません。

ヴェネズエラの歴史

ヴェネズエラもほかの南米諸国と同じくスペインの植民地化にありました。1499年に植民地化が開始されました。スペイン軍がヴェネズエラの北東部に位置する南米最大の湖マラカイボ湖を訪れた際にイタリアの湖の町ベネチア似ていたことから『ヴェネズエラ』という名前がついたと言われています。300年ほど植民地の統治の後に南米各地で18世紀に独立の動きが強まりました。この時、ヴェネズエラ出身のシモンボリバール(Simon Bolivar)の活躍で現在のコロンビア、エクアドル、ヴェネズエラをあわせてグラン・コロンビア共和国がスペインからの独立を果たします。その後、グラン・コロンビア共和国から分離し現在のヴェネズエラの原形が築かれます。

ヴェネズエラには植民地化以前は沢山の民族が暮らしていたといわれていましたが、次第に姿を消し現在は一部の地域にしか残っていません。

シモン・ボリバールシモン・ボリバール

南米の英雄 シモン・ボリバール(Simon Bolivar) (1783年7月23日-1830年12月17)

南米の英雄と言われるシモン・ボリーバルはヴェネズエラのカラカス出身。南米の諸国を訪れると、通り、街、学校などの名前をよく見かけます。また、ボリビアは彼の名前を取って建国された国です。シモン・ボリーバルはヴェネズエラの有数の資産家の息子として生まれ、沢山の教育を受け1799年にヨーロッパに渡ります。ヨーロッパでの学問に励んでいる間にマリア・テレサ・ロドリゲスに会うことになり1802年に結婚するも翌年1803年に黄熱病でマリアが病死。この悲しみが転機となりヴェネズエラへ帰国。その後、南米諸国(コロンビア、ヴェネズエラ、エクアドル、ペルー、ボリビア、パナマ)を独立へと導くことになります。1819年12月大コロンビア帝国を築くことになり大統領と軍事指揮官として就任します。その後、内乱が起こり大コロンビア帝国が衰退し全ての機関の地位を放棄し、ヨーロッパへ向かう途中に病に倒れ1830年の12月17日に死去しました。

世界の美 ミス・ヴェネズエラ (Miss Venezuela)

ミス・ヴェネズエラ!ミス・ヴェネズエラ!

世界的に美人の宝庫と言われるヴェネズエラ。ミス・ヴェネズエラの大会が始まったのは1952年。パンアメリカン航空主催の元開催され50年以上の歴史があります。その後開催資金の問題などがあり1962年からオスメル・ソウサが引き継ぎました。また、この年に初めてミス・ヴェネズエラのテレビ放送も開始になりました。ミス・ヴェネズエラ!

現在は毎年9月または10月にミス・ヴェネズエラの大会が開かれます。

最終選考は約4時間にもおよびラテンアメリカ全土に生中継され、その後アメリカやメキシコなどで放送されます。採点の基準は、メイクアップとコスチューム。各個人のセンスと美しさが問われます。

ミス・ヴェネズエラの代表は選出されたあと優勝者がミス・ユニバース、準優勝者がミス・ワールド、三位がミス・インターナショナル、ミス・アースの代表になり、現在の受賞暦はミス・ユニバースの6回、ミス・ワールドの5回、ミス・インターナショナルの6回、ミス・アースの1回の勝利をおさめていて、どの国よりも国際的なタイトルを勝ちとっています。

常にこの国の女性の美に対する意識は高く、エステなどのフェイシャルケア、ボーディケアのサロンも多く、美しさと若さをキープしています。お値段もリーズナブルで利用できるので地元の女性たちはよく活用しています。

マルガリータ島とロス・ロケス諸島、カリブの島選びポイント!

マルガリータ島

ヴェネズエラはカリブに面した国。透明度の高いクリスタルな海が広がっています。マルガリータ島とロス・ロケス諸島のどちらも首都のカラカスより1時間以内で到着することができるカリブの島です。

マルガリータ島は海だけはなくお買い物や観光もできるスポット。最低1泊2日のコンビネーションがお勧めで海と観光をマリンスポーツを楽しむことができます。

ロス・ロケス諸島は青い海に白い砂浜の海の自然をこよなく愛する人にお勧めです。もちろん、マリンスポーツも最高です。ここは、日帰りツアーも可能ですので時間がなくても一日あればカリブの島を堪能することができます。

ヴェネズエラのワイルドライフはオリノコデルタとロス・リャノスで!

ロス・リャノス

ヴェネズエラのオリノコデルタとよばれるデルタ地帯とロス・リャノスと呼ばれる草原地帯では野生の鳥や動物たちを見ることができます。

オリノコデルタでは、川を下りながらオウム、サル、クロコダイルとといった動物たちをジャングルの中で見つけることができ、ロス・リャノスではサバンナで多くの種類の鳥、アナコンダ、カピバラなどを見ることができます。

ツアーのお問い合わせ・相談はこちら

その他関連情報その他関連情報

  • ヴェネズエラの国旗

    ヴェネズエラの基本情報

    ヴェネズエラの気候、持ち物リスト、食文化、旅行のポイントなど役立つ情報をわかりやすくまとめました。

    詳細を見る

  • ヴェネズエラの国旗

    期間限定エンジェル・フォールズツアー

    20億年前の地球の姿を探しに、地球最古の秘境と言われるテプイ(台形型の山)へ!
    雨季の時期しか味わえない圧巻のエンジェルフォールの景色を8月9月に!

    詳細を見る

  • ヴェネズエラの国旗

    首都カラカスの情報

    ヴェネズエラの首都であるカラカスは人口400万人の大都市。標高900mでカリブの海にも近いユニークな場所は、トロピカルな季節に過ごしやすい環境を作り出しています。

    詳細を見る

  • ヴェネズエラの国旗

    ギアナ高地の情報

    映画や小説でSF作品の舞台となることの多い魅惑のギアナ高地へ!!

    詳細を見る

  • ヴェネズエラの国旗

    ロス・ロケス諸島の情報

    クリスタリンウォーター"と呼ばれる透き通った海の色。ヴェネズエラのカリブ海へようこそ!

    詳細を見る

  • ヴェネズエラの国旗

    ロス・リャノスの情報

    ヴェネズエラの3分の1を占め、オリノコデルタから西部アンデスの麓まで広がる平原。その美しさは圧巻。

    詳細を見る