南米旅行現地ツアー旅行会社スールトレック > ヴェネズエラ情報一覧 > ギアナ高地の情報

ヴェネズエラ・ギアナ高地の情報

テーブルマウンテンテーブルマウンテン

ギアナ高地は水の国という意味を持ち、年間通しての降水量が4000mm以上といわれています。

ここには、20億年まえの地層がむき出しになったテーブルマウンテンと呼ばれる山が大小100以上連なっています。これらは、地上から垂直の壁のように伸びていて標高差1000mにもなります。大地から隔離されたような特徴は、陸の孤島とも形容されます。たくさんあるテーブルマウンテンのひとつアウヤンテプイがあり、ここには世界最大の落差のアンヘルの滝(エンジェルフォール)があることで知られています。テーブルマウンテンは、地盤のやわらかいところが雨や風によって削り取られ固い地盤だけが代形状に残っている台形状の山々のことを言います。先住民の言葉で“デプイ”とよばれています。映画『ロストワールド ~失われた世界~ 』の舞台はギアナ高地のテーブルマウンテンといわれています。

テーブルマウンテンの上に生息する植物は約4000種以上といわれています。75%がギアナ高地だけの固有種です。アフリカ大陸と似た種類が多いため地球がつながっていた理由の一つになるといわれいてます。テーブルマウンテンの上には土が少なく栄養分も豊富でない為たくましく生きています。そのため、地上ではあまり見ることができない虫から栄養をとる食虫植物などが多く生息しています。また、オリノコでは様々な種類の蘭を見ることができます。

昆虫や爬虫類などもとても独特な姿をしています。隔離されているため天敵がいず、跳ねることができないカエルや水の中で生活をするコオロギなど原始のままをとどめている固有主などが沢山存在します。

しかし最近では観光客の増加により、外来種が持ち込まれたりして絶滅の危機にあります。

この場所には原始の形を留めている固有の植物や動物などが多く人類未踏の場所も多いことから地球最後の秘境とも呼ばれています。

ギアナ高地・エンジェルフォールの行き方

ベネズエラの最大の魅力エンジェルフォールへはカナイマ(Canaima)、シウダーボリーバル(Ciudad Bolívar)、サンタ・エレナ・デ・ウアイレン(Santa Elena de Uairén)の3箇所から行くことが可能です。

一番のお勧めはカナイマからのアプローチです。この場合はプエルト・オルダス(Puerto Ordaz)へ向かいエンジェルフォールへ行く方法が一般的です。 シウダーボリーバルやサンタ・エレナ・デ・ウアイレンはベネズエラでゆっくり過ごせる方にお勧めの場所です。

サンタ・エレナ・エレナ・デ・ウアイレンからロライマ山(Mount Roraima)へ数日トレッキングをしながらエンジェルフォールを目指したり、シウダーボリーバルでベネズエラの英雄シモンボリーバルの歴史を読み解きながらエンジェルフォールへ向かいます。

ベネズエラをゆっくり満喫されたい方にはお勧めです。
オリジナルあふれた組み合わせで一生に残るベネズエラの旅をスールトレックと一緒に楽しんでください。

カナイマ

カナイマカナイマ

カナイマは、ギアナ高地への玄関口のひとつです。ベネズエラで一番美しい景色がみれると言っても過言ではありません。1962年に国立公園に指定されたカナイマ国立公園は、全体が30,000平方キロメートル以上にもなります。この公園は世界で6番目に大きなもので、1994年にはユネスコの世界遺産に指定されました。ここでは、約20億年まえの地質を残すテーブルマウンテンがジャングルに囲まれて100以上も連なっています。カナイマ湖の背景にテーブルマウンテンがとても美しく見え、印象的な絵になることは間違いないでしょう。また、ジャングルの植物からでるタンニンはカラオ川やカナイマ湖を赤色に染めています。カナイマ湖の砂浜も薄いピンク色に染められ、見たことがない神秘的な景色が広がっています。

カナイマへの行き方

カラカスからカナイマへの行き方は直行便がないため*プエルト・オルダスを経由してカナイマ空港へ到着します。1日1便のみ運行しています。

*プエルトオルダスの空港の名前はマヌエル・カルロス・ピアール・グアヤナ空港になります。プエルトオルダスはオリノコ川とカラオ川の合流地点にある場所で、カナイマ空港からは229kmの場所にありボリーバル州のグアヤナ市にあります。

シウダー・ボリーバルからは所要時間約1時間15分です。

カラカスからプエルトオルダス

・月曜日から土曜日
アエロポスタルエアライン航空が運行
午前 6.45発/午前7.45着

・日曜日
アセルカエアラインズ航空が運行
午前11:30 発/ 午後12:30着

プエルトオルダスからカナイマ

トランスマンドゥ航空
・月曜日から土曜日
午前9:00発/午前 10:00着

・日曜日
午後1:00 発/午後2:00着

カナイマからの復路

カナイマからプエルトオルダス(毎日運行)
午前9.30発/ 午前10:30着

プエルトオルダスからカラカス(毎日運行)
午後2.30 発/ 午後3.30着

カナイマの見どころ

アンヘルの滝(エンジェルフォールズ)

1933年米国人パイロット、ジェームズ・エンジェルによって発見され、彼の名前にちなんで名づけられている世界最大の落差979mを持つ滝です。地元ペモン族の言葉ではParakupa-venaと呼ばれ "the fall from the highest point"(高い場所から落ちる)の意味を持ちます。ギアナ高地最大のテーブルマウンテンであるアウヤンテプイから流れ落ちる滝には滝つぼがなく、地上に着く前に霧状になってなくなってしまう神秘の滝です。カイマナからはボートと徒歩で約3時間です。

カナイマ湖

カラオ川が流れ込む湖です。砂浜には、植物から出るタンニンによって茶色に染められた水が静かに波打っているのが印象的です。白い砂浜もピンク色に染められています。遠くにはテーブルマウンテンを眺めることができ、クルーズをしながらカナイマ湖に浮かぶアナトリー島のエルポサの滝やアチャの滝を見ることができます。

エルサポの滝

カイマナ湖に浮かぶアナトリー島にある滝です。滝の裏にある岩でできた細い道を全身ずぶ濡れになりながら通り抜けることができます。豪快に流れ落ちるカーテンのような滝を全身で感じること間違いありません。特に雨季の5月から11月までは水量が増しさらに楽しむことができます。

ユリの滝

プエルト・ベルデから20分ほど車で移動した後、小さいボートでカラオ川を渡ったところにあります。カラオ川へ流れ出す間にできたといわれる滝で、タンニンを含んだ滝の水は茶色く神秘的です。ボートからユリの滝へ行くまでに見える植物と滝のコラボレーションが魅力的です。

アチャの滝

カラオ川から作られている滝で、カナイマ湖へと続いています。雨季になると水量も多く豪快な滝の音も楽しむことができます。

カバック・キャニオン

エンジェルフォールがあるアウヤンテプイの南東部に位置しているキャニオンです。原住民が住むカバック村を訪れることができ、ハンモックに虫除けのネットが張られた場所での宿泊ができ現地の文化などもも学べることができます。また、グラン・サバナを見ながらバックにアウヤンテプイを見ることができます。カバックキャニオンではトレッキングや川を下りを楽しむことができ、近くにあるカバックケーブから見る空は格別と言われれテいます。

オーキッド島

ボートでバックにテーブルマウンテンを見ながらオーキッド島を訪れます。ベネズエラに自生する蘭をご堪能いただけます。ほかには、島で探索をしたり川で泳いだり自然を満喫することができます。

ギアナのレストラン・ホテル

ホテル:

ワクロッジ:
カナイマ飛行場からすぐ近くに場所にある大自然に囲まれたロッジです。カナイマ湖を眺めながら心地よい癒しのひと時が過ごせます。
住所:Canaima Lagoon, Parque Nacional Canaima, Venezuela
URL:http://www.wakulodge.com/

ウカイマ・キャンプ:
カナイマ湖から少し離れた場所にあるホテルで、カラオ川のそばにあり、エンジェルフォールやアウヤンテプイの眺めも楽しめます。
住所:Parque Nacional Canaima, Venezuela  電話:0212-7540244
URL:http://www.junglerudy.com/english/

ツアーのお問い合わせ・相談はこちら

シウダー・ボリーバル

シウダー・ボリバールシウダー・ボリバール

シウダー・ボリーバルはベネズエラの人口の4分の1にあたる約27万人の南東部の都市です。カナイマ同様、ギアナ高地へ向かう拠点となる場所です。以前はアンゴストゥーラと呼ばれていてましたが、1846年からベネズエラの英雄シモン・ボリーバルの栄光をたたえ現在のシウダー・ボリーバルと呼ばれるようになりました。もともとの名前であるアンゴストゥーラは“狭い”という意味で、近くにあるオリノコ川の川幅か狭かったことから名づけられていました。

オリノコ川は、ベネズエラとブラジルの国境付近から流れ出る南米でも重要な川で、2,140kmにも及びます。何百もの川にわかれデルタを形成し大西洋に流れ出ています。雨季になると川幅が22kmにもおよび深さは100mにも及びます。重要な川のほとんどがここを分岐していてアマゾンの支流としてつながっています。

シウダー・ボリーバルへの行き方

カラカスからアビオール航空とルタカ航空が毎日一便運航しています。
所要時間約50分から1時間10分。
陸路からは、長距離バスでカラカスから約9時間、プエルト・ラ・クルスから約4時間、サンタ・エレナ・デ・ウアイレンから約11時間かかります。

シウダー・ボリーバルの見どころ

アンゴストゥーラ・ブリッジ

アンゴストゥーラ・ブリッジは1967年にかけられたオリノコ川にかかる712mの橋です。オリノコメトロ と呼ばれる岩が雨季と乾季の水位の目印になります。橋から見える夕日や橋の近くを通る船がとても印象的です。

プラザ・ボリーバル

一般的にアルマス広場として知られている場所ですが、ここシウダード・ボリーバルではプラザ・ボリーバルと呼ばれています。政治の重要な機関が集まっています。

カテドラル

プラザ・ボリーバルの北西にある黄色い壁がとてもかわいらしいコロニアルな教会です。13個の鐘と大きな時計が特徴的です。15分に一度鐘の音が聞こえてきます。

コレオ・デル・オリノコ

ベネズエラで最初の新聞が発行された場所で現在はシモン・ボリーバル博物館として使われています。初代の印刷機が展示されています。

シウダー・ボリーバルのレストラン・ホテル

シウダー・ボリーバルのホテル:

ラハ・レアル:空港のすぐ近くにある4つ星ホテル。全室73室でプールやレストランの施設も整っています。Wi-Fi可能。
住所:Avenida Andres Bello c/c Jesus Soto Frente Al Aeropuerto
電話:632-7911

ツアーのお問い合わせ・相談はこちら

サンタ・エレナ・デ・ウアイレン

サンタ・エレナ・デ・ウアイレンサンタ・エレナ・デ・ウアイレン

サンタ・エレナ・デ・ウアイレンは、人口1万人の小さな町ですが、ここからもギアナ高地へアクセスができます。ブラジルとの国境の地でもあり、ポルトガル語とスペイン語が交わる賑やかな場所です。この場所は、1923年にここを最初に発見したルーカス・フェルナンデス・ペーニャの娘エレナの名前とこの地の近くを流れるウアイレン川から名づけられました。グランサバナの中心にあり、エンジェルフォールへ行くメインの場所として知られています。

グランサバナははギアナ高地一帯に広がる草原地帯でベネズエラで一番の自然の宝庫です。多くの原住民が生活をしています。そのなかでもペモン族が多く彼らはテーブルマウンテンのことを“テプイ”と呼んでいます。彼らの神話にはこのテプイは神が存在していた場所と伝えられていて、決して立ち入ってはいけない場所であり、また先祖の魂が集まる場所であったとも言われています。

サンタ・エレナ・デ・ウアイレンの行き方

ギアナ高地へ向かわれる方の中でも長期滞在可能な方へお勧めの場所です。

ロライマ山:原住民のペモン族の言葉で“偉大”を意味する『失われた世界』のモデルになった標高2810mの山です。ベネズエラ、ブラジル、ガイアナの三国にまたがります。垂直に伸びた壁が外界からのものを一切受け付けない手つかずの状態を保つことになり、植物や動物たちは独自の進化を遂げほとんどがこの土地の固有種が多く見られます。天空に隠された陸の孤島は興味が尽きません。トレッキングツアーがあり5泊6日が一般的なコースになります。神秘に満ち溢れたロライマを直接感じることができる原始へのタイムスリップです。

サンタ・エレナ・デ・ウアイレンのレストラン・ホテル

ホテル:

グランサバナ:ブラジル国境に近い場所にあるホテル。グランサバナの自然を見ながらプールでカクテルなどリラックスした時間を過ごせます。
電話:289 - 9951810 1

ロライマトレッキング 6日間

「ロライマ」は南米、世界中で最も素晴らしいトレッキングの一つです。失われた楽園内を歩くと、驚愕の風景と固有種率70%以上もの別世界を感じることができます。地球上でもごくまれな体験となることでしょう。

トレッキングをご希望の方は通常のエンジェルフォールズのツアーの後に追加する事も出来ます。

1日目

早朝、サンタ・エレナを出発後、車で2時間ほど移動し、先住民の住む村を訪れます。パライテプイは、標高1,600mに位置し、ここが「失われた楽園」へのトレッキングのスタート地点となります。5時間ほどサバンナを歩くと1,050mのクケナン・キャンプ場へ到着します。ここまでで2つの川を渡りますが、このクケナン川渡りは、少し技術を要します。経験豊富なガイドが、最初の川渡りの冒険をサポートします。

2日目

朝食後、5時間かけて1,870mのベースキャンプへ移動します。こちらは、約2時間の上り坂を含みます。道中では、ゆるやかなサバンナの丘と、ラン植物や動物たちがたくさん見られる美しい景色をお楽しみください。午後にはベースキャンプへ到着します。

3日目

朝食後、キャンプ場をスタートしてまもなく、ジャングル内の急な上り坂を2時間歩きます。坂を登りきるとかなりの疲労を感じますが、ブロミリアド(パイナップル科植物)やシダ植物など珍しい植物が一面に広がり、その美しさに驚くことでしょう。ついに、ロライマ山の壁に触ることができ、そこにある小さな滝は、疲れた体をリフレッシュさせてくれるでしょう。そこから標高2,700mの頂上まで、もう1時間半ほど歩きます。この道中、ジャングルや様々な形の岩々を越えて歩きます。岩は、ウミガメや龍の頭のようにも見え、そのまま山の頂上へと案内してくれるでしょう。キャンプでは、軽めの昼食をお召し上がり下さい。午後は、自由にキャンプ場周りを散策ください。夕食はガイドお手製の美味しい料理をお楽しみください。

4日目

ロライマ山頂上の神秘とロライマ山から感じる魔力を体験するでしょう。奇妙な形をした岸壁は、幾千もの顔の形に見えます。トカゲやフィデル・カストロ、空想上の生き物、おとぎ話の魔女のようにも見えます。ロライマ山の頂からは、水晶の谷の素晴らしい眺めを見ることができます。霧が立ち込めると神秘を感じることができます。また、もしかしたらそのよく似た表面の様子から、月の上を歩いているかのようにも感じるかもしれません。道中では軽い昼食が、キャンプでは美味しい夕食が提供されます。

5日目

朝、リオ・トクキャンプ場へ下りる前、最後の写真撮影の機会となります。この日は、2,700mから1,050mまで7時間の下り坂となります。初日と同じように、2つの川を渡ります。道中では軽い昼食が、キャンプでは温かい食事が提供されます。クケナン山とロライマ山の壮大な景色を望みながら、川で泳ぐことできます。

6日目

4時間ほど歩いたあと、パライテプイへ再度到着します。ここでは、公園レンジャーにより、水晶の検問を受けるかもしれません。水晶は、家で見るより、ロライマ山の頂上で見る方が断然美しく見えるのです。送迎車が、冷たい飲み物と昼食を用意し、お待ちしています。昼食後、サンタ・エレナへ戻ります。みんなの同意を得れば、赤く輝く碧玉で有名なケブラダ・デ・ジャスペへ立ち寄ることもできます。

ロライマ山よりクケナン山を望むロライマ山よりクケナン山を望む

パッケージ料金詳細(税込)

お問い合わせください

含まれるもの:
・サンタ・エレナ − パライテプイ間送迎
・英語、スペイン語バイリンガルガイド
・テント(2人用)
・朝食×5、軽い昼食×6、夕食×5
・テント・食事、調理器具などの駅馬
・簡易トイレ
・応急セット
持ち物:
・登山靴・登山靴下
・日除け帽子、日焼け止め
・水筒
・ショートパンツまたは、軽いズボン
・虫よけ
・雨具
・ヘッドランプ
・カメラ
・携行食
・パスポート

※寝袋は含まれておりません。サンタ・エレナでレンタル可。

ツアーのお問い合わせ・相談はこちら

その他関連情報その他関連情報

  • ヴェネズエラの国旗

    ヴェネズエラの基本情報

    ヴェネズエラの気候、持ち物リスト、食文化、旅行のポイントなど役立つ情報をわかりやすくまとめました。

    詳細を見る

  • ヴェネズエラの国旗

    期間限定エンジェル・フォールズツアー

    20億年前の地球の姿を探しに、地球最古の秘境と言われるテプイ(台形型の山)へ!
    雨季の時期しか味わえない圧巻のエンジェルフォールの景色を8月9月に!

    詳細を見る

  • ヴェネズエラの国旗

    首都カラカスの情報

    ヴェネズエラの首都であるカラカスは人口400万人の大都市。標高900mでカリブの海にも近いユニークな場所は、トロピカルな季節に過ごしやすい環境を作り出しています。

    詳細を見る

  • ヴェネズエラの国旗

    ギアナ高地の情報

    映画や小説でSF作品の舞台となることの多い魅惑のギアナ高地へ!!

    詳細を見る

  • ヴェネズエラの国旗

    ロス・ロケス諸島の情報

    クリスタリンウォーター"と呼ばれる透き通った海の色。ヴェネズエラのカリブ海へようこそ!

    詳細を見る

  • ヴェネズエラの国旗

    ロス・リャノスの情報

    ヴェネズエラの3分の1を占め、オリノコデルタから西部アンデスの麓まで広がる平原。その美しさは圧巻。

    詳細を見る