南米旅行現地ツアー旅行会社スールトレック > ガラパゴス情報一覧 > ガラパゴス諸島旅行情報

ガラパゴス諸島旅行情報

日本から約15,000km離れた地球の反対側、赤道直下に位置するガラパゴス諸島。天候から、携行品、見られる動植物など、 旅行の前に知りたい情報を詳しく解説します。

ガラパゴス諸島はエクアドルにあります!

まずは軽い歴史から。
ガラパゴス諸島は、1535年にスペインの船がペルーに向かう途中嵐にあい、西に西に流された結果発見されました。ガラパゴスにはこれと言った資源がなかったため、それからおよそ300年の間どの国も領土を主張しませんでしたが、1832年にエクアドルが領有を宣言し、入植を始めました。 エクアドルにとって、最もラッキーだったのは、それからわずか3年後にかのチャールズ・ダーウィンがガラパゴスを訪れたことでした。

進化論で有名なダーウィンは1835年、ガラパゴスに5週間滞在しました。

5年にわたるビーグル号での航海の中で、5週間の滞在は特に重要な結果をもたらしました。帰国後に収集し観察したさまざまな動植物より研究をすすめ、1859年に自然選択による進化理論「種の起源」を出版したのです。
ガラパゴスでの調査がこの理論着想の大きなヒントとなったため、ガラパゴスは以降世界中から大きな関心を集めます。
それまでは海賊や捕鯨船の中継基地でしかなかった諸島が、一躍世界にその名をしらしめ、その後、航路や空路が確立され本格的なツーリズムが始まったのもすべてダーウィンのおかげかもしれません。
しかし、本格的なツーリズムが始まると同時に環境破壊も深刻なものとなり、1978年には世界自然遺産第一号としてユネスコに登録されました。

ガラパゴス行き国内線、及びガラパゴス入島税について

ガラパゴス行き国内線

バルトラ空港

エクアドル本土のキトとグアヤキルから国内線が毎日5便以上ガラパゴスに 運行 しています。
2009年には160,000人のツアー客がガラパゴスを訪れました。
諸島内には、サンタクルス島とサンクリストバル島の2箇所に飛行場があり、TAMEとAEROGALの2つの航空会社がエクアドル本土から往復しています。

クルーズ船の発着日に日程が合わせられているため、クルーズ船を確定した場合は自動的に空路も確定されることになります。よって、クルーズ船を手配した会社から航空券が手配・発行される仕組みになっています。ほぼ全てのキトからのガラパゴス行きの飛行機はグアヤキルで一旦1時間ほどストップオーバーし、乗客を乗せ、ガラパゴス諸島のバルトラ空港かサンクリストバル空港に到着します。

荷物制限:

飛行機に預ける荷物は20kgまでです。荷物の超過料金は1kgにつき航空運賃の1%プラス12%の税金が課せられます。
手荷物は 7 kg.Dim. 61 x 40 x 25 cms

チェックイン:

チェックインは飛行機出発1時間半前までに行ってください。交通規制カード(Transit Control Card))をお持ちでない方もしくは事前に旅行会社に10USドルを支払ってない場合はINGALAのカウンターにて10USドルを支払ってください。その後、ガラパゴス特別検疫システム(SICGAL)を行った後に初めてチェックインができます。

航空券 チケット:

航空券は全てEチケットとなっています。パスポートを提示すれば、航空券が発行されます。不安な方はEチケットの控えをカウンターまでお持ちください。

ガラパゴス往復航空運賃

ガラパゴスの航空料金はアエロガル、タメともにほとんど同じ料金に設定されております。

当社でガラパゴス行きの航空券を発券いたしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ガラパゴス諸島への行き方:

空港に着くとまず始めに入島管理が行われます。
キト空港の突き当たり左にあるINGALAブース(ガラパゴス開発庁)で発行されているTransit Control Card (入島管理カード)言わばガラパゴス諸島での観光客の身分証明証となるカードを購入します。料金は10USドルですが、事前に登録をしてないと結構時間がかかります。ガラパゴスクルーズ船に参加する場合は一緒に旅行会社に10USドルを支払い事前に購入しておいてもらえればとっても時間と手間を節約できるので依頼しましょう。
スールトレックでは事前に登録しカードを発行しますので事前にご連絡お願いします。
カード発行後またはカードを事前にお持ちのお客様は、INGALA(インガラ)ブースの隣にある大きな部屋があります。SICGAL(ガラパゴス特別検疫システム)にて荷物検疫検査を行ってください。検査後お預け荷物にはSICGAL検査済みのタグが付けられます。タグがないと荷物をチェックインできませんのでご注意ください。 その後搭乗予定の航空会社のチェックインカウンターも行き、チケットを発券してください。
*スールトレックでは弊社お客様全員に対し弊社現地日本人スタッフがホテルからの送迎・チェックインのお手伝いをしておりますのでご安心ください!
キト空港搭乗エリア内では常に飛行機の搭乗ゲート案内のモニターをチェックして頂き、飛行機の搭乗口を確認してください。
搭乗口がころころと変わります・・・
飛行機へ無事搭乗したらいざガラパゴスへ・・・!と思いきや、通常グアヤキルに立ち寄ります。キトからグアヤキルまでは飛行時間は30分です。グアヤキルで約1時間程度機内の中でお待ち頂き、グアヤキルからガラパゴスまで行く乗客が搭乗完了後ガラパゴスへと向かいます。飛行時間は1時間30分です。ガラパゴスはエクアドル本土と1時間の時差がありますので、移動時間は3時間ですが、ガラパゴス空港に着いた時は2時間後です。
ガラパゴス諸島のバルトラ空港またはサンクリストバル空港に到着するとまずINGALAカウンターにて入島管理カードを提示し入島管理、ガラパゴス諸島国立公園カウンターにて入島料100USドル(現金のみ)を払い、SICGALカウンターで手荷物の検査を行います。
空港出口にはガラパゴスナチュラリストがお待ちしております!さあいざガラパゴスツアーへ出発!!!

ガラパゴス諸島入島料税:

ガラパゴス諸島へ訪問する際入島料税を支払うことを義務付けされています。

バルトラ空港

税金はガラパゴス諸島の保護と改善の資金へとまわされています。現金のみ受け付けておりますのでご注意ください。

3歳以上の大人;100USドル
12以下の子供:50USドル
センソ(外国人登録許可証)をお持ちの学生:25USドル
永住権をお持ちの方:6USドル

*2008年より全てのガラパゴス諸島への観光客に対しキト、グヤキル空港で$10の交通規制カード(Ingala CardまたはTransit Control Card)の購入を義務付けされております。 ガラパゴス諸島税はガラパゴス諸島政府の認知の下、島の保護のために様々な機関へと振り分けられています。

ガラパゴス諸島シーズン情報

ガラパゴス旅行案内―いつが行き時?

アシカちゃん

赤道上に位置するため、ガラパゴス諸島は海流による影響を受けており、それは諸島の天候にも影響を与えています。しかし基本的に気候は一年中どの時期でも快適といえます。
1月から3月は暑くまた湿気のあるシーズンです。なかでも3月は1年で最も暑いときと考えられます。この時期花や植物が島々に咲き誇り、海水の温度もスノーケリングやダイビングに最適です。
7月から9月にかけて気候は変化します。雨量が少なくなるため乾燥し、また寒くなってきます。水温もかなり落ちますが、海の生き物は冷たい潮流を好むため、この時期が海の中の生き物を見るには最も適しています。
ガラパゴスの天候は基本的に海面と潮の温度に左右されます。それらが島々の気候を作り出しそれぞれの島で見られる固有の植物や動物に影響を与えています。
ガラパゴスを訪れる時期を選んでいるのなら、まずは優先順位を決めましょう。何が一番見たいのか、何をしたいのか、全ての動植物がどのシーズンにもいるわけではありません。何が見られるのかは季節や天候によって大きく異なります。この“難題”を選ぶ手助けとして、私たちは島々の野生動物の活動時期カレンダーを用意しました。ガラパゴス諸島で毎月何が起こっているのかを紹介していきます。
これはあくまで概要だということは覚えておいてくださいね。ガラパゴスは世界の気候の変化からも当然影響を受けます。紹介している気候はあくまで平均であり天候状況の変化により動物の生態にも変化が起きる可能性は有り得ます。

野生動物活動時期カレンダー

1月:

イグアナちゃん

雨季が始まります。
・島の鳥たちが巣作りを始めます。大体最初の雨が降った後です。
・エスパニョーラ島で大人のウミイグアナが華やかに色づきだします。(緑・赤や黒)
・緑ウミガメは産卵のためガラパゴスのビーチにやってきます。
・ガラパゴスリクイグアナはイサベラ島で生殖周期に入ります。
・水温・気温共に上がり始め6月まで暖かくなります。
・スノーケリングに最も理想的な時です。

2月:

フラミンゴちゃん

海水の温度が最も高くなり25度にも達します。この天候は4月まで変わらず続きます。
・フロレアナ島でオオフラミンゴが巣作りを始めます。
・オナガガモが孵化期に入ります。
・ナスカカツオドリはエスパニョーラ島で巣作りの時期の終わりを迎えます。
・ウミイグアナがサンタクルス島に巣を作ります。
・バルトロメ島ではほとんどペンギンが見られなくなります。(ほとんどが冷たい海水の流れに沿って西の方へ、若しくは上のほうに戻っていきます。)
・アオメバトの巣作りのピーク期に当たります。

3月:

ペングィーノ

雨季の中でも最も降水量が多い時です。
・散発的な熱帯の雨、太陽は照りつけ、暑い時期です。気温は30度まで上がります。湿気も高くなります。 ・ウミイグアナがフェルナンディナ島に巣を作ります。
・3月21日、年に2度の昼と夜の長さが全く同じになる日(日本における春分です)夏の始まりを意味しエスパニョ-ラ島にガラパゴスアホウドリの到来を告げます。
・西の諸島でさえ海水は暖かくなりスノーケリングには最高です。(イサベラ島のプンタ・ヴィセンテ・ロカは素晴らしい光景になります。ペンギンが熱帯魚とともに活発に泳ぎ回っています。(とても不思議な光景ですよ)
・いくつかの岸は(特に北に面している方は)北の潮流から来る大きな波がおこります。プエルトエガス、ガードナー浜、バルトロメ島でのウェットランディングは時によっては難しくなります。
・スノーケリングする人は水の中に長期間いることが可能です。海の生き物はとても活動的です。

4月:

ブービー

雨季は終わる一方、島々は青々したままです。
ブービー ・ガラパゴスアホウドリの大群がエスパニョ-ラ島を訪れます。驚きの求愛行動がスタートします。
・ゾウガメの孵化の時期は終わりを迎えます。
・緑ウミガメの卵が孵化をし始めます。
・ガラパゴスリクイグアナの卵がイサベラ島で孵化します。
・スノーケリングする場合、水の透明度は高いです。
・おそらく、5月と共に、ガラパゴスにおけるベストシーズンにあたります。(気候、動物、水温)

5月:

ゾウガメ

ガラパゴスにおけるベストシーズンにあたります。(気候、動物、水温)
・ノースセイモア島でガラパゴスアオアシカツオドリが求愛行動を始めます。
・ガードナー浜やプンタ・コルムラントやプエルト・エガスではウミガメの孵化が見られます。
・ウミイグアナの卵のほとんどがサンタクルス島の巣から孵ります。
・パロサント(聖なる木)が木の葉を落とし始めます。
・エスパニョーラ島のガラパゴスアホウドリが卵を産み始める。
・クロコシジロウミツバメが巣作りのシーズンに入ります。

6月:

盗賊

ガルアシーズンの始まりです。
・南の渡り鳥が北に向かって旅に出ます。ガラパゴスはそういう鳥たちの休憩の場所ともなっています何種類かの鯨やイルカもこの移動に付いていきます。
・サンタクルス島のゾウガメは高地から低地へ最適な巣作りの場を求めて移動します。
・ゾウカメの巣作りのシーズンの始まりです。
・南東貿易風が戻ってきます。潮の流れは多少強くなり海の波はきつくなります。
・ノースセイモア島でアメリカグンカンドリの雄の赤い空気袋がたくさん見られます。
・赤道緯度まで移動していくザトウクジラの群れがエクアドルの海岸に沿って移動し、ガラパゴスにも訪れます。

7月:

水温は21度以下です。
・エスパニョーラ島のガラパゴスアオアシカツオドリを始め海鳥の群れがとても活動的になります。
・ガラパゴスコバネウがフェルナンディナ島で美しい求愛ダンスや巣作りを披露してくれます。
・サンチャゴ島のプエルト・エガス浜を歩いたらアメリカミヤコドリの巣作りに出くわすでしょう。
・ヨウガントカゲが11月まで求愛ダンスを披露します。
・クジラやイルカがより見られるようになります。(特にイサベラ島の西の沖のほうで)
・ガラパゴスアオアシカツオドリの巣作りにおける4段階を見るには最高の月です。(卵・ひな・子ども時代・青年期)

8月:

赤ちゃん

島々の地形によっても異なりますが、海水の温度はだいたい18度まで落ちます。
・エスパニョーラ島やサンチャゴ島でガラパゴスノスリの求愛行動が見られます。
・ナスカカツオドリやアカメカモメがヘノベサ島に巣を作ります。
・渡り鳥が到来し始め3月まで島々で羽を休めます。
・ゾウガメはサンタクルス島の高地へ戻っていきます。
・海は極めて荒れて、潮の流れは最も強くなり、南や西に面している岸は波のうねりが予想されます。
・アシカの出産時期が始まります。西や中央諸島で良く見られる光景です。

9月:

アルファ

一番寒い時期です。
・気温は一番下がり19度にも達します。
・ガラパゴスペンギンが驚くべき活動をバルトロメ島で見せます。
・5月ごろから、泳ぐ人やスノーケリングする人にとってはバルトロメ島が喜ばれるでしょう。水面上または水面下では水雷のようなペンギンの行動を見ることが出来ます。
・アシカがとても活発です。メスは発情期に入り、ハーレムのように囲まれているオスたちは吼えたり戦ったりしています。岸辺での戦いは激しいです。アシカの活動は西方・中央諸島が一番活発です。
・海鳥たちのほとんどはまだ巣作りに励んでいます。

10月:

夕日

ゾウガメはまだ産卵期です。
・岩サギが3月まで巣作りをはじめます。
・ガラパゴスオットセイ(アシカの一種)は求婚期に入ります。
・ガラパゴスアオアシカツオドリはエスパニョーラ島やイサベラ島のプン・ビセンテ・ロカの至る所でひなを育てています。
・天気は毎日晴天というわけではありません。西の諸島を除いてほとんどの島がガルア期に入ります。西の諸島ではほぼ毎朝霧が発生しますが日が昇ったら数時間もしないうちに霧は消えてしまいます。
・ガルアが西方諸島の火山の一部分を覆った後の西の日の出はとても美しいです。
・山の頂はくっきりしていますが、海岸線は低く横たわった霧に覆われています。

11月:

鳥

アシカの出産が続きます。
・諸島の東部ではアシカの性行為が盛んに行われています。
・クロアジサシの子育ての時期です。
・数種類のくらげが島の周辺で見られます。
・カツオノエボシ(毒を持つ電気くらげ)はガードナー島やトルトゥーガ島辺りで漂っています。フロレアナ島のフロア浜に打ち上げられていることもあります。
・クロコシジロウミツバメが2度目の巣作りの時期に入ります。
・海は穏やかで、南東貿易風は強さを失います。水温は少しずつ上がってきます。
・季節の移り目は大体素晴らしい天候が続きます。
・スノーケリングする場合海水は透明感があります。
・アシカの子どもが(特にチャンピオン島で)スノーケリングしている人たちの横を泳ぎまわります。ここのアシカの子どもは好奇心が強くスノーケリングしている人のフィンを少し噛んだりもします。平均で3~4ヶ月のアシカの子です。

12月:

アホウ

天気は良好です。
・ゾウガメの卵の孵化が始まります。4月まで続きます。
・緑ウミガメの求愛ダンスを見られます。
・雨季が始まります。乾燥していた全て植物が葉をつけだします。ガラパゴスが緑づいてきます。
・ガラパゴスアホウドリのひなが一人前になります。

ガラパゴスに持っていくもの

ガラパゴスアシカとダイビング

クルーズ船内では、着慣れたカジュアルな服装をお勧めします。

シャツ、ブラウスなど
半ズボン、長ズボン、下着類
スポーツシューズ、サンダル(ウェットランディング用に便利)
ウィンドブレーカーなどのジャケット、軽い上着(夜は冷えることがあります)
シュノーケル道具(クルーズツアーに参加する場合は、船内でレンタルすることもできます。)
水着、帽子、日焼け止めクリーム、サングラス(日差しは強いです)
カメラ、予備のメモリーカード(たくさん写真を撮りたくなります!)
個人の救急医療品

ガラパゴス行の飛行機には、お一人様20キロ以内の荷物1つと及び1つの手荷物のみが持ち込めます。それ以外の荷物はキトのホテルに預けることができます。

ツアーのお問い合わせ・相談はこちら

その他関連情報その他関連情報

  • エクアドルの国旗

    ガラパゴスの基本情報

    クルーズツアー、ダイビングツアー、アイランドホッピングなどガラパゴスのツアー情報をどこよりも詳しくお伝えします。

    詳細を見る

  • ガラパゴスのスペシャル・プロモーション

    ガラパゴスのスペシャル・プロモーション

    スールトレックお勧めのガラパゴス・ラストミヌッツやプロモーション
    安心・安全で、お得の料金を常に更新致します

    ガラパゴス・スペシャルプロモーション

  • ガラパゴスクルーズツアー

    ガラパゴスクルーズツアー

    ガラパゴス諸島のクルーズ船情報をどこよりも詳しくお伝え、旅の計画からツアーの手配まで現地価格でお届けします。

    詳細を見る

  • ガラパゴスダイビングツアー

    ガラパゴスダイビングツアー

    ガラパゴスのダイビング情報をどこよりも詳しくお伝え、旅の計画からツアーの手配まで現地価格でお届けします。

    詳細を見る

  • ガラパゴスマスター

    ガラパゴスマスター

    Galapagos Master号のツアースケジュール、価格を一挙公開。ツアーの手配もこちらからどうぞ。

    詳細を見る

  • ノルターダ

    ノルターダ

    Galapagos Nortada号のツアースケジュール、価格を一挙公開。ツアーの手配もこちらからどうぞ。

    詳細を見る

  • ガラパゴスフンボルトエクスプローラー

    ガラパゴスフンボルトエクスプローラー

    Galapagos Humboldt Explorer号のツアースケジュール、価格を一挙公開。ツアーの手配もこちらからどうぞ。

    詳細を見る

  • ガラパゴスアグレッサー:ダイビングクルーズツアー

    ガラパゴスアグレッサー:ダイビングクルーズツアー

    Galapagos Aggressor号のツアースケジュール、価格を一挙公開。ツアーの手配もこちらからどうぞ。

    詳細を見る

  • ガラパゴスディープブルー:ダイビングクルーズツアー

    ガラパゴスディープブルー:ダイビングクルーズツアー

    Galapagos Deep Blue号のツアースケジュール、価格を一挙公開。ツアーの手配もこちらからどうぞ。

    詳細を見る

  • ガラパゴススカイ:ダイビングクルーズツアー

    ガラパゴススカイ:ダイビングクルーズツアー

    Galapagos Sky号のツアースケジュール、価格を一挙公開。ツアーの手配もこちらからどうぞ。

    詳細を見る

  • ダーウィンバディ号・ウォルフバディ号ダイビングクルーズ

    ダーウィンバディ号・ウォルフバディ号ダイビングクルーズ

    Darwin Buddy & Wolf Buddyのツアースケジュールと価格案内です。ツアーの手配はこちらからどうぞ。

    詳細を見る

  • ガラパゴスアイランドホッピングツアー:三島周遊ツアー

    ガラパゴスアイランドホッピングツアー:三島周遊ツアー

    ガラパゴスの3つの島を巡るツアーをご紹介します。旅の計画からツアーの手配まで現地価格でお届けします。

    詳細を見る

  • ガラパゴスホテル滞在型ツアー

    ガラパゴスホテル滞在型ツアー

    ガラパゴスのサンタクルス島のホテルに滞在しながら1日ツアーで各島を巡るツアーをご紹介します。

    詳細を見る

  • ガラパゴスのホテル紹介

    ガラパゴスのホテル紹介

    ガラパゴス諸島のホテルはサンタクルス島、イサベラ島、サンクリストバル島、フロレアーナ島にございます。

    詳細を見る

  • ガラパゴス諸島旅行情報

    ガラパゴス諸島旅行情報

    ガラパゴス諸島のベストシーズン、ガラパゴス諸島入島料税、ガラパゴスに持っていく物など、旅行の前に知りたいこと

    詳細を見る

  • ガラパゴスの島紹介

    ガラパゴスの島紹介

    ガラパゴスには火山活動によってできた大小多くの島があります。

    詳細を見る