南米旅行現地ツアー旅行会社スールトレック > コスタリカ情報一覧 > コスタリカの基本情報

コスタリカ旅行 行き方

カリブ海と太平洋、2つの海を持つ観光大国コスタリカ。
世界で唯一の非武装永世中立国として、中南米の中でも特にユニークな国として人気です。

コスタリカは中米にある小国です。北はニカラグア、南はパナマと接しています。中央には山岳地帯が広がり、太平洋のリゾ-トから、カリブ海のジャングルと地球の環境を凝縮したような、そんな国がコスタリカです。世界で先駆けて自然を利用したツア-、エコツア-の発祥の地といわれています。そのことから欧米ではとても人気のある観光地のひとつです。実際に、コスタリカを訪れると納得できます。国立公園へのアクセスの良さ、整備された歩道、自然を楽しむためのアクティビティの数々。小さい国ながら多様性に富んだ自然を満喫することができます。また、小さい国だからこそ色々な見所を短い日程でも楽しめます。太平洋で朝日を見てカリブ海で沈む夕日を見るなんてこともできてしまいます。 また現在の大統領が治安維持を公約しているため、サンホセ市内は2ブロック毎に警察官が常駐し、旅行者の安全確保に努めています。ますます旅行者が旅行しやすい国に変化しています。

コスタリカ情報

サンホセサンホセ

首都:サンホセ

面積:51,100k㎡(九州と四国を会わせたほどの広さ)

人口:約463万人

言語:スペイン語

人種:スペイン系及び先住民との混血95%、アフリカ系3%、先住民他2%

宗教:カトリック

通貨:コロン(1米ドル=525.8コロン)

時差:日本より14時間遅れ。

飲酒・喫煙:18歳未満の飲酒、喫煙は不可。購入も出来ません。

気候:乾季と雨季に分かれています。乾季は12月から4月、雨季は5月から11月となっています。首都サンホセは年中春のような気候、日中は日差しが強いが夜は肌寒くなります。太平洋、カリブ海沿岸は日本の夏のような気候で、中央の山岳地帯は、朝晩かなり冷え込みます。 旅行する場所によって気候が違います。

電圧とプラグ: 110-120ボルト、60ヘルツ。プラグは平2穴のAタイプが使用されています。

水:水道水はうがいをする程度には問題ないが、飲料には適しません。ミネラルウォーターは、スーパーマーケットやキオスクなどで購入出来るのでそちらを飲むことをお勧めします。

コスタリカの観光

アレナル国立公園アレナル国立公園

コスタリカが世界的にも人気のある観光地になっているのは、小さい国土ながらの豊かな自然とそれを楽しむ設備が整備されているということ、そして治安の良さがあげられます。
コスタリカの25%は自然保護区となっており、厳重にその自然が守られています。国立公園に入場する際はお金が徴収されます。この徴収したお金で自然を守るために使うという健全なサイクルが確立されています。また国を挙げてガイドの育成にも力を入れています。例えば、一定の教育を受けていれば無償でツーリズムに関する講座を受講し資格を得ることができます。このように、国全体で観光業に力を入れていることがわかります。観光地へ行く公共バスなども基本的に時間通りに来ます。日本ではあたりまえかもしれませんが、ラテン諸国ほど時間にルーズなところはありません。
治安の面に関しても、他の中米諸国に比べると良いといえます。カリブ海方面はやや注意が必要ですがそれ以外の場所は比較的安全です。ただ、夜道を一人で歩いたり、人気のないところにいったりと、自ら危険が潜んでいるところに行くのはお控えください。日本ではないということを自覚して、最低限の注意さえしていれば、コスタリカ滞在はとても楽しいものとなります。
是非、欧米諸国から人気の観光地、コスタリカで中米の自然と雰囲気を満喫しましょう!!

コスタリカの食文化

ガジョピントガジョピント

コスタリカ料理は他の中南米と一緒でとうもろこしやお肉料理をよく食べます。またお米を日常的に食べます。その中でもコスタリカの代表的な料理といえば、ガジョピントとオジャデカルネです。
ガジョピントは簡単にいうと豆の混ぜご飯、チャ-ハンに似ています。炊いたご飯に玉ねぎ、にんにく、香辛料、豆を加えて炒めたものです。これに目玉焼きやチ-ズ、バナナなどを添えたお皿が一般的なコスタリカの朝食です。家庭によって味が異なります。オジャデカルネは牛肉と野菜の煮込みです。あっさり味のスープの中に大きく切った野菜と牛筋が入っています。西洋料理のポトフと似ています。とてもボリュ-ムがあり、スープといってもこれでお腹が一杯になってしまうほどです。どちらの料理もとても日本人に合う味付けです。コスタリカは基本的に穏やかな気候のため、とても日本人の口に合う料理となっています。
また、太平洋とカリブ海に挟まれているため、魚介類も豊富です。是非、海岸地方を旅行する際はセビッチェ(魚介類の酢漬け)など中米の海鮮料理を堪能して下さい。

コスタリカの歴史

コスタリカも他の中南米諸国と同様、スペインの植民地でありました。スペインの植民地から解放された後、中央アメリカ連合州(グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ)として独立。1838年、内戦により諸国が独立を宣言し、連合州は崩壊、コスタリカはコスタリカ共和国として独立を果たしました。
1856年、ニカラグアでアメリカ人が大統領となり、中米4国がこれに反発、これを排除する動きが活発になりニカラグア軍と戦争に発展する。コスタリカ軍は様々な援助を受け、これに勝利しました。その際、その活躍と壮絶な戦死を遂げたファン・サンタマリアは現在でも国民的な英雄となっており、コスタリカの国際空港の名前にもなっています。
1870年からはコーヒープランテ-ション、バナナプランテーションの拡大により内陸部からカリブ海へ運搬用の鉄道が建設されました。これによりコスタリカは20世紀に入っても経済発展が続きました。しかし、モノカルチャ-の下での経済発展ゆえ、1929年世界恐慌により大打撃を受け、コーヒー価格の低下などにより、社会は不安定となってしまいました。
1949年ホセ・フィゲ-レス・フェレ-ルによって、政治に混乱をきたす軍隊、常備軍の廃止、軍事予算を教育予算に回すなどしました。これが現在のコスタリカの根本の体制となりました。 その後、中米で最も安定した民主主義国(1949年制定の現行憲法により1953年から14代の大統領が民選)、高い教育水準(識字率96%(2009年世銀))を誇ります。常備軍の不保持、比較的整った福祉制度が特徴の国家となっています。

日本からコスタリカへの飛行機

サンホゼ国際空港サンホゼ国際空港

日本からコスタリカの直行便は無く、通常はアメリカで乗り換えとなります。
コスタリカへの旅行で一般的な航空会社は以下の3社です。
アメリカン航空(AA)、コンチネンタル航空(CO)、デルタ航空(DL)です。
AAはダラス、COはヒューストン、DLはアトランタで乗換えです。乗り換え時間は3時間から7時間です。また、下記の便を利用するとコスタリカに同日着となります。
例)5月3日成田を出発すると、時差の関係で同日の5月3日にコスタリカ到着となります。
※フライトスケジュールは予告なく変更される場合がございます。ご旅行前にご確認下さい。

アメリカン航空(AA)

成田-ダラス間(12時間半) 乗換時間(7時間)ダラス-サンホセ(4時間)

コンチネンタル航空(CO)

成田-ヒューストン間(11時間50分) 乗換時間(4時間)ヒューストン-サンホセ(3時間40分)

デルタ航空(DL)

成田-アトランタ(12時間40分) 乗換時間(2時間半)アトランタ-サンホセ(3時間50分)

ツアーのお問い合わせ・相談はこちら

その他関連情報その他関連情報

  • コスタリカの基本情報

    コスタリカの基本情報

    知られざるコスタリカの魅力を発見する冒険に出掛けてみませんか?!

    詳細を見る

  • コスタリカツアー

    コスタリカツアー

    魅惑の国コスタリカ。自分だけのツアーがあります。

    詳細を見る

  • コスタリカ・ココス島ダイビング

    コスタリカ・ココス島ダイビング

    ジュラシックパークのモデルになった太平洋の孤島でダイビングクルーズ。

    詳細を見る

  • コスタリカ・サンホセ旅行情報

    コスタリカ・サンホセ旅行情報

    知られざるコスタリカの魅力を発見する冒険に出掛けてみませんか?!

    詳細を見る

  • コスタリカ・モンテベルデ旅行情報

    コスタリカ・モンテベルデ旅行情報

    知られざるコスタリカの魅力を発見する冒険に出掛けてみませんか?!

    詳細を見る

  • コスタリカ・トルトゥゲーロ旅行情報

    コスタリカ・トルトゥゲーロ旅行情報

    知られざるコスタリカの魅力を発見する冒険に出掛けてみませんか?!

    詳細を見る

  • コスタリカ・サラピキ旅行情報

    コスタリカ・サラピキ旅行情報

    コスタリカ北部中心に位置する自然保護区sarapiquiの魅力を紹介!

    詳細を見る

  • コスタリカの行き方

    コスタリカの行き方

    日本からのコスタリカの行き方をご紹介します。

    詳細を見る

  • ラデイソンヨーロッパホテル&カンファレンスセンター

    ラデイソンヨーロッパホテル&カンファレンスセンター

    コスタリカのRadisson Europa Hotel & Conference Centerのご紹介

    詳細を見る

  • グランドホテルコスタリカ サンホセ

    グランドホテルコスタリカ サンホセ

    コスタリカのGran Hotel Costa Ricaのご紹介

    詳細を見る

  • エルエスタブロ コスタリカ・モンテベルデ

    エルエスタブロ コスタリカ・モンテベルデ

    コスタリカのEl Establoのご紹介

    詳細を見る

  • ホテルベルマール・モンテベルデ

    ホテルベルマール・モンテベルデ

    コスタリカ MonteverdeのHotel Belmarのご紹介

    詳細を見る

  • トラップファミリーロッジ コスタリカ・モンテベルデ

    トラップファミリーロッジ コスタリカ・モンテベルデ

    コスタリカのTrapp Family Lodgeのご紹介

    詳細を見る

  • マワンバロッジ・トルトゥゲーロ

    マワンバロッジ・トルトゥゲーロ

    コスタリカ TortugueroのMawamba Lodgeのご紹介

    詳細を見る

  • トルトゥーガロッジ・トルトゥゲーロ

    トルトゥーガロッジ・トルトゥゲーロ

    コスタリカ TortugueroのTortuga Lodgeのご紹介

    詳細を見る

  • セルバベルデロッジ・サラピキ

    セルバベルデロッジ・サラピキ

    コスタリカ SarapiquiのSelva Verde Lodgeのご紹介

    詳細を見る

  • サラピキ熱帯生物研究所(OTS)

    サラピキ熱帯生物研究所(OTS)

    コスタリカ SarapiquiのOrganization for Tropical Studiesのご紹介

    詳細を見る

  • ティリンビーナ・サラピキ

    ティリンビーナ・サラピキ

    コスタリカ SarapiquiのTirimbinaのご紹介

    詳細を見る