南米旅行現地ツアー旅行会社スールトレック > コロンビア情報一覧 > コロンビア観光地案内

ボゴタ(Bogota)情報

欧米のツーリストを中心に徐々に観光地としての人気が高まって来ているコロンビア。
知られざるコロンビアの観光地を現地旅行会社がご案内します。

近代的なビルが建ち並ぶボゴタ(Bogota)近代的なビルが建ち並ぶボゴタ(Bogota)

コロンビアの観光地紹介。まずはコロンビアの首都、ボゴタの紹介から。

標高2640mに位置するコロンビアの首都。人口は770万人で世界第34位。2010年にアメリカの外交専門誌フォーリンポリシーにより、世界第54位のグローバル都市に選ばれており、南米大陸ではブエノスアイレス、サンパウロ、リオデジャネイロに次ぐ第4位でもあります。
南米の中でも極めて混血が多いのもこの街を国際的な雰囲気にしている一因かも知れません。

ボゴタのより詳しい情報はこちらから

カリブ海の街、カルタヘナの詳しい情報はこちらから

メデジン(Medellin)情報

メデジンの夜景メデジンの夜景

メデジンはアンティオキア県の県都で、コロンビアの北西、アブラ渓谷(Aburra Valley)の中央に位置し、メデジン川によって2つの地域に分けられています。(日本語ではメデリンと表記する事もあります。) 標高1500mに位置する為気温は年中安定していて、18度から28度まで増減します。しかし、11月から3月にかけて地理的な特徴にも関わらず気温は10度に落ちる事もあります。逆に6月から8月にかけて、雨量が少ないことから気温が30度まで上る事もありますが、年間を通して比較的過ごしやすい気候です。 人口は約300万人。コロンビアで2番目に人口が多い街です。そして、この街はコロンビアの中でも文化的に重要な役割を担っています。毎年8月に開催されるフラワ-フェスティバルもその1つ。このお祭りはコロンビアは勿論、毎年世界中から数多くの観光客を集めています。

2011年のフラワ-フェスティバルツア-の詳細はこちらから

~メデジンに行ったらココをチェック!旅行者のクチコミ人気観光スポット紹介~

ピエドラ・デル・ペニョルピエドラ・デル・ペニョル

ピエドラ・デル・ペニョル(Piedra del Penol)

ここには「悪魔のタワ-」と呼ばれる岩山があり、720段のコンクリ-トの階段を登って頂上まで行く事が出来ます。そこからの景色は旅行雑誌に出てくる様な美しさで、メデジンの中でも一番印象に残った場所だったと言う人が多いのも頷けます。
近くのグアタペの街(Guatape)も並外れて美しく、カラフルな街並みが吊り下げられたバスケットで飾られ、石畳の通りを歩けばスペイン・コロニアル時代へとタイムスリップした様な錯覚に陥る程です。

メデジン・プラネタリウム(Planetario de Medellin)

メデジンの中心部に位置するプラネタリウム施設。週末になると沢山の家族連れで賑わいます。地元の人だけではなく観光客にも人気の施設で、設備がしっかりしている為宇宙にいる様な感覚になれたと好評です。

フェルナンド・ボテロの作品フェルナンド・ボテロの作品

入場料は一般30000コロンビア・ペソ(約1400円)、学生20000コロンビア・ペソ(約900円)。
住所:Carrera 52 71-117, Medellin, Colombia
電話: +57 (4) 527 22 22

アンティオキア博物館(Antioquia Museum)

この博物館はメデジン出身の画家、フェルナンド・ボテロ(Fernando Botero)のコレクションが非常に充実している事で有名です。彼の絵画は静物画と風景画も含まれていますが、主な作品は状況肖像画に集中しています彼はアンティオキアの人々にとっては誇りであり、絵画を通してアンティオキアの人々の生活や精神性を感じ取る事が出来るでしょう。

住所: Sede Principal, Carrera 52, Medellin, Colombia
電話: (57) (4) 251 36 36
http://www.museodeantioquia.net/
開館時間:月~土曜日10時~18時 日曜日10時~16時半 入場料8000コロンビア・ペソ(約400円)

メデジンのマリポサリオメデジンのマリポサリオ

メデジン・蝶園(Mariposario Selva Viva)

ここはコロンビアのジャングルに生息する珍しい蝶をまとめて見ることが出来るスポットです。
庭の中を約1500匹の蝶が飛び交い、まるでジャングルに行ったかの様な気分になれると評判です。

住所: Diagonal 55 34-67 Centro comercial Puerta del Norte, Medellin, Colombia
電話:5733007916291
http://www.mariposaslatrinidad.com/

ボテロ広場

ボテロ広場ボテロ広場

前述の博物館もボテロなら、ここの広場もボテロの作品一色。
フェルナンド・ボテロボテロ広場 観光客は必ず立ち寄るスポットで、カメラを持ってこなかった人の為に撮影してくれる写真屋さんまでいる程の観光スポットです。
それもそのはず。大きな銅像はとてもア-ティスティックで、ボテロの作品の特長であるすこしぽっちゃりした人物達はとても可愛らしくて思わずカメラを向けたくなる物ばかりです。
場所もコロンビアではメデジンにしかないMETRO(地下鉄ではないが電車)Parque Barrio駅前にあり便利大変便利です。

メデジンのカテドラル(Metropolitan Cathedral Basilica)

ロマネスク様式のカテドラルは非常に美しく、毎週日曜日になると経験なクリスチャンであるコロンビアの人々がミサに参加する為に集まってきます。その厳かな雰囲気に息を飲んだと言う人多数。コロンビア屈指の都会であるメジリンでほっとひと息、中世のゆったりとした時間の流れに浸れるスポットです。

住所: Bolivar Park, Medellin, Colombia

ヌティバラの丘ヌティバラの丘

ヌティバラの丘(Cerro Nutibara)

この丘は特にクリスマスのライトアップが有名です。街の中心部に位置していて、丘の下から上まで多くのクリスマス電飾が飾られ、街の人のみならず多くの国内外の観光客がこの時期にこの丘に登りにきて大混雑になります。
タクシーで頂上まで行く人が多く、タクシーの渋滞も凄いので渋滞にはまったらそこで降りて歩いた方が早いかも知れません。
勿論クリスマス以外の時期でもブラブラとお散歩するだけでも和めるスポットです。

プエブリ-ト・パイサ(Pueblito Paisa)

前述のヌティバラの丘の頂上にある小さな可愛らしい村。ここは数世紀前の典型的なアンティオキアの街並みを再現した村で、石造りの家々が立ち並び、その中心には教会や広場、教区司祭館、市長室、床屋、そして一室だけの学校があります。この街はアンティオキアの人々の象徴的な街であり、ヌティバラの丘の上からはメデジンの街を一望する事も出来ます。
是非1時間程度の小旅行気分で出掛けてみては如何でしょうか?

カリ(Santiago de Cali)情報

カリカリ

カリはカウカ川渓谷の間に位置する都市で、コロンビアで2番目に面積が広い街です。街の東側には川が流れ、西側はコロンビアンアンデスによって守られています。気候は山岳気候で、街の周辺は豊かな自然が残っています。カウカ川と他の川の合流地点は特に肥沃な大地で、さとうきびや家畜等の作物が非常に良く育ちます。 また、カリは南米の中でもサルサで有名です。毎年ここではサルサの国際大会が開かれ、世界中からの観光客が詰めかけます。サルサはカリの人々の誇りであり、重要な文化でもあります。

~カリ(Cali)に行ったらココをチェック!旅行者のクチコミ人気観光スポット紹介~

カリ動物園カリ動物園

カリ動物園(Zoologico de Cali)

ここはコロンビアの中でも一番の充実度を誇ると評判の動物園です。また、ここは動物園だけではなく巨大な水族館も併設されていて、水族館だけで19種類のコ-ナ-に分けられています。(10種類の海の生物と9種類の淡水魚)そして、この地域固有の熊(Oso de Anteojos)やアンデスコンドル等の鳥、カエル、こうもりやジャガ-等、ジャングルでも滅多に見られない生物が勢揃いしています。そして、これらの動物の管理体制が非常に整っているのもこの動物園の特長です。
住所: Cr 20 Cl 14 Este, Santa Teresita, Santiago de Cali / Cali, Colombia
電話: 892 74 74
http://www.zoologicodecali.com.co/
入場料大人10000コロンビア・ペソ(約460円)子供7000コロンビア・ペソ(約320円)

サトウキビ博物館サトウキビ博物館

サトウキビ博物館(Museo del cana de Azucal)

ちょっと変わったこの名前に惹かれて訪れる人多数。しかしながら中の展示物も結構しっかりしている様で、皆さん非常に満足と評判です。展示は美しいお庭の中でされており、サトウキビから砂糖を抽出する過程が分かりやすく説明されています。18世紀のアシエンダと呼ばれる伝統的な民家で砂糖が作られている様な雰囲気を味わう事が出来る和みのスポットでもあります。
http://www.museocanadeazucar.com/
住所: Santiago de Cali / Cali, Colombia
開館時間:月~金曜日9時~16時 土日祝:9時~16時半
入場料:5000コロンビア・ペソ(約230円)

サン・アントニオ教会(Iglecia de San Antonio)

丘の上に位置する18世紀に建てられた教会。ここからカリの眺めも素晴らしく、教会の周りには観光客や地元の人、アクセサリ-を売ったりする人で賑わい、終日楽しい雰囲気で満たされています。

ツアーのお問い合わせ・相談はこちら

その他関連情報その他関連情報

  • コロンビアの国旗

    コロンビアの基本情報

    コロンビアの気候、持ち物リスト、食文化、旅行のポイントなど役立つ情報をわかりやすくまとめました。

    詳細を見る

  • コロンビアツアー

    コロンビアツアー

    短い時間を有意義に使ってコロンビアの人気スポットを巡るお手軽なツア-。

    詳細を見る

  • コロンビア観光地案内

    コロンビア観光地案内

    コロンビアの観光地紹介。まずはコロンビアの首都、ボゴタの紹介から。

    詳細を見る

  • コロンビアビーチリゾートツアー

    コロンビアビーチリゾートツアー

    コロンビア、カリブ海方面のコロンビアビーチリゾートツアーをご紹介します。

    詳細を見る

  • ボゴタ(Bogota)情報

    ボゴタ(Bogota)情報

    ボゴタ(Bogota)に行ったらココをチェック!旅行者のクチコミ人気観光スポット紹介します。

    詳細を見る

  • カルタヘナツアー 行き方

    カルタヘナツアー 行き方

    2つの顔を持つカリブ地域屈指のリゾ-ト地であるカルタヘナ。旅行者のクチコミ人気観光スポット紹介!!

    詳細を見る

  • 特殊オプショナルツアー

    特殊オプショナルツアー

    世界で最も美しい川の一つ、カーニョ・クリスタレスなど最高の体験ができるツアーをご紹介します。

    詳細を見る