南米旅行現地ツアー旅行会社スールトレック > コロンビア情報一覧 > コロンビアの基本情報

コロンビアの基本情報

多くの日本人が危険なイメージを抱いているコロンビア。しかし、欧米人の旅行者の中では南米でいまブラジルに次いで2番目に観光の熱い国として認知されています。知られざるコロンビアを現地旅行会社がご案内します。

コロンビアの地図

コロンビア共和国、通称コロンビアは、南アメリカ北西部に位置する共和制国家です。アルゼンチンの地図東にベネズエラ、南東にブラジル、南にペルー、南西にエクアドル、北西にパナマと国境を接しており、北はカリブ海、西は太平洋に面しています。

ブラジル、メキシコに続き、コロンビアはラテンアメリカ第3位の人口を誇り、コーヒー、エメラルド、バラなどの輸出品とともに、世界中のコカインの80%を生産する産地としても有名です。

コロンビア情報

コロンビアの町

首都:

ボゴタ

面積:

1,139,000平方キロ(日本の約3倍)

人口:

約4,450万人

言語:

スペイン語

人種:

メスティソ (Mestizo)(先住民とスペイン人の混血)が58%、白人20%、ムラート(Murato)(白人と黒人の混血)14%、黒人4%、サンボ (Sambo)(黒人とインディヘナの混血)3%、インディヘナ (Indigena)1%。コロンビアは南米の中でも最も混血の割合が高い国です。

宗教:

カトリックが95%。かつてカトリックが国教であった名残で、宗教の自由が認められている今でも国民の殆どがカトリックを信仰しています。

通貨:

通貨はコロンビア・ペソColombia Peso。略号は$。
2011年4月現在、US$1=$1790。ペソの補助通貨としてセンターボCentavo(¢)がある。
1000、2000、5000、1万、2万、5万ペソの紙幣と50、100、200、500ペソのコインが使われています。

時差:

日本より14時間遅れ。

飲酒・喫煙:

18歳未満の飲酒、喫煙は不可。購入も出来ません。

チップ:

【レストラン】中級以上のレストランでは、料金の10%程度がすでに加算されていることが多いです。
【ホテル】5ツ星ホテルの場合、ベッドメーキングはUS$1程度。ルームサービスやポーターへのチップも忘れずにお願いします。
【タクシー】基本的には必要ないが、空港などで荷物を運んでもらった時にはチップを渡す習慣があります。

気候:

標高約2600mの首都、ボゴタ(Bogota)は平均気温が14℃と、やや冷涼な気候。山岳地帯に位置しているので朝晩の気温差が激しく、雨が降ると寒くなるので防寒具や折り畳み傘があると安心です。
一般に、3カ月ごとに雨期(3~5月、9~11月)と乾期(6~8月、12~2月)がくると言われていますが、近年あまり明確でなくなっています。
カリ、カルタヘナ(Cartagena)などの海岸沿いでは1日じゅうシャツ1枚でも大丈夫です。ただし、バスで移動する場合は、途中のアップダウンで急に冷え込むこともある為、薄いジャケットなどを持って行くことをお勧めします。

電圧とプラグ:

110-120ボルト、60ヘルツ。プラグは平2穴のAタイプが使用されています。

水:

水道水はうがいをする程度には問題ないが、飲料には適しません。
ミネラルウォーターは、スーパーマーケットやキオスクなどで購入出来るのでそちらを飲むことをお勧めします。

ツアーのお問い合わせ・相談はこちら

日本からコロンビアへの飛行機

ボゴタ国際空港ボゴタ国際空港

日本からコロンビアへの直行便はなく、ニューヨーク、アトランタなどアメリカの都市を経由して行くのが一般的です。
同一航空会社で乗り継ぐ場合、コンチネンタル航空Continental Airlines(CO)のヒューストン経由ボゴタ(Bogota)行き、同じくコンチネンタル航空のヒューストン経由カリ行き、もしくはデルタ航空Delta Air Lines(DL)のアトランタ経由ボゴタ(Bogota)行きを利用する場合もあります。

【コロンビアまでの飛行機のモデルの日程はこちらから】

デルタ航空利用の場合のモデル日程

【行き】

デルタ航空 DL172便
出発: 15:15 成田 ターミナル 1
到着: 14:59 ニューヨーク (J.F.K空港) ターミナル 3
所要時間: 12時間44分 NON STOP

デルタ航空 DL395便
出発: 16:45 ニューヨーク (J.F.K空港) ターミナル 3
到着: 21:59 ボゴタ ターミナル 1
所要時間: 6時間14分 NON STOP

【帰り】

デルタ航空 DL396便
出発: 23:10 ボゴタ ターミナル 1
到着:翌日06:00 ニューヨーク (J.F.K空港) ターミナル 3
所要時間: 5時間50分 NON STOP

デルタ航空 DL173便
出発: 13:45 ニューヨーク (J.F.K空港) ターミナル 3
到着:更に翌日17:00 成田 ターミナル 1
所要時間: 14時間15分 NON STOP

ユナイテッド航空(コンチネンタル航空)ご利用の場合

【行き】

ユナイテッド航空 UA006便 -operated by コンチネンタル航空
出発: 15:55 成田 ターミナル 1
到着: 13:50 ヒューストン ターミナル E
所要時間: 11時間55分 NON STOP

ユナイテッド航空 UA1007便 -operated by コンチネンタル航空
出発: 15:55 ヒューストン ターミナル E
到着: 20:57 ボゴタ ターミナル 1
所要時間: 5時間02分 NON STOP

【帰り】

ユナイテッド航空 UA1006便 -operated by コンチネンタル航空
出発: 00:15 ボゴタ ターミナル 1
到着: 05:15 ヒューストン ターミナル E
所要時間: 5時間00分 NON STOP

ユナイテッド航空 UA007便 -operated by コンチネンタル航空
出発: 10:55 ヒューストン ターミナル E
到着: 翌日 14:45 成田 ターミナル 1
所要時間: 13時間50分 NON STOP

複数の航空会社で乗り継ぐ場合には、おもにアビアンカ航空Avianca(AV)が運航するニューヨーク発ボゴタ(Bogota)行きを利用する事になります。また、アメリカのマイアミからは、アメリカン航空American Airlines(AA)、デルタ航空、アビアンカ航空、ラン航空LAN Airline(LA)のボゴタ(Bogota)行き。アメリカン航空、デルタ航空、アビアンカ航空のカリ(Cali) 行き。アメリカン航空、デルタ航空、アビアンカ航空のメデジン(Medellin) 行きなど、コロンビアへ向けての路線が多数運航されています。
所要時間の目安は乗り継ぎに要する時間も含めて、約19時間。
なお、同一航空会社での乗り継ぎ、複数の航空会社での乗り継ぎ、どちらの場合においても、アメリカを通過する際には、簡易入国手続きを受けなければなりません(2011年4月現在)。

出入国とビザ

観光を目的として入国する場合、滞在が90日以内であれば、必要ありません。
※パスポートの有効残存日数はコロンビア入国時に3カ月以上必要です。
※コロンビアでは麻薬問題などもあり、出国の際には過剰なまでの荷物検査が行われます。チェックイン時の航空会社による荷物検査、出国審査後の警察による荷物検査、搭乗前の航空会社による荷物検査等。ひとり旅の旅行者などは荷物検査が念入りに行われる傾向にあります。

【アメリカ経由で中南米へ渡航する際の注意】

◆ESTA(エスタ)
2009年1月12日から電子渡航認証システム(ESTA)が導入され、ビザなしで渡米する場合(陸路を除く)は出発3日(72時間)前までにインターネット( https://esta.cbp.dhs.gov/ )を通じて、入国許可を申請するよう義務付けられています。

ツアーのお問い合わせ・相談はこちら

その他関連情報その他関連情報

  • コロンビアの国旗

    コロンビアの基本情報

    コロンビアの気候、持ち物リスト、食文化、旅行のポイントなど役立つ情報をわかりやすくまとめました。

    詳細を見る

  • コロンビアツアー

    コロンビアツアー

    短い時間を有意義に使ってコロンビアの人気スポットを巡るお手軽なツア-。

    詳細を見る

  • コロンビア観光地案内

    コロンビア観光地案内

    コロンビアの観光地紹介。まずはコロンビアの首都、ボゴタの紹介から。

    詳細を見る

  • コロンビアビーチリゾートツアー

    コロンビアビーチリゾートツアー

    コロンビア、カリブ海方面のコロンビアビーチリゾートツアーをご紹介します。

    詳細を見る

  • ボゴタ(Bogota)情報

    ボゴタ(Bogota)情報

    ボゴタ(Bogota)に行ったらココをチェック!旅行者のクチコミ人気観光スポット紹介します。

    詳細を見る

  • カルタヘナツアー 行き方

    カルタヘナツアー 行き方

    2つの顔を持つカリブ地域屈指のリゾ-ト地であるカルタヘナ。旅行者のクチコミ人気観光スポット紹介!!

    詳細を見る

  • 特殊オプショナルツアー

    特殊オプショナルツアー

    世界で最も美しい川の一つ、カーニョ・クリスタレスなど最高の体験ができるツアーをご紹介します。

    詳細を見る