南米旅行現地ツアー旅行会社スールトレック > アルゼンチン情報一覧 > パタゴニア旅行

パタゴニア旅行

チリとアルゼンチンにまたがる南緯40度よりも南の地域をパタゴニアと呼びます。
氷河が連なる圧倒的な大自然を体験してください。

パタゴニアの冬 NASAの衛星写真

パタゴニア地方とはパタゴニアの地図コロラド川とネグロ川を境にチリとアルゼンチンにまたがる南緯40度よりも南の地域のことを呼びます。
この広大な地域の中ではロス・グラシアレス公園、バルデス半島、クエバ・デ・ロス・マノスといった3つの世界遺産が登録されています。
チリ太平洋側には氷河を擁する険しい地形のフィヨルド地域が広がり、世界有数の多雨林が続きます。またチリとの国境線に4000mから5000mのアンデス山脈が連なり、西と東の気候を分断しています。アルゼンチン側には乾燥した地域が広がりますが、美しい湖水地方、広大な平原のパンパ地方から成り立っています。
日本の国土の2.5倍の面積を誇るこのパタゴニアではバードウォッチング、ペンギン、アザラシ、グアナコ、クジラなど数多くの野生の動物を見る事もできます。
また世界で三番目に大きいといわれる氷河をはじめ、広大な自然を満喫することができます。

パタゴニアの名前の由来

ポルトガルの探検家マゼランが、原住民がはいていた大きなグアナコのブーツを見てパタゴンと呼んだことに由来していると言われています。パタゴンは、パタ(足)とゴン(大きい)を意味しています。

パタゴニアへの行き方

エル・カラファテ国際空港 ランウェイ

空路:

パタゴニアへの主要な空港はペリトモレノ氷河近くのエル・カラファテと最南端の町ウシュアイアになります。

エル・カラファテ国際空港:

ブエノスアイレスからエル・カラファテまでは約3時間半。アルゼンチン航空やラン航空が主に飛んでいます。空港から市内まではおよそ10km。タクシーで15分ほどの場所です。

ウシュアイア国際空港:

ブエノスアイレスから約3時間半。アルゼンチン航空が主。ラデ航空はエル・カラファテ、リオ・ガジェゴスを経由してのフライトがあります。セントロまでは約7km、市内までは車で約15分。

リオ・ガジェゴス国際空港:

ブエノスアイレスから約3時間。アルゼンチン航空が1日1~2便運航しています。エル・カラファテから週に一便約45分、ウシュアイアから1日1便約55分。セントロまで約5kmの場所。

テニエンテ・カンデラリア空港(バリローチェ):

ブエノスアイレスから約2時間。エル・カラファテから約1時間45分、ウシュアイアからエル・カラファテやリオ・ガジェゴス経由もあります。市内まで約15kmの場所にあります。

プエルト・マドリン空港(バルデス半島):

ブエノスアイレスからアンデス航空が週3便、ラン航空が夏期のみ週3便運航。所要時間は1時間40分。

トレレウ空港(バルデス半島):

ブエノスアイレスからトレレウまで1時間50分。アルゼンチン航空が夏期に1日1~2便運行で約1時間40分、ウシュアイアからも1日1~2便運行で約2時間。

パタゴニア行きのバス

陸路:

パタゴニアでの移動手段は主にバス。主要になるバスターミナルはリオ・ガジェゴスとエル・カラファテ。バスによってはトイレが付いているものと付いていないものがあります。付いていないものに関しては、2~3時間に一回休憩があります。

リオ・ガジェゴス:

ブエノスアイレスから約35時間~38.5時間。プエルト・マドリンからは約18時間。

エル・カラファテ:

バリローチェからは約33時間、リオ・ガジェゴスまでは約4時間、エル・チャルテンまで約4時間。

バリローチェ:

ブエノスアイレスから約20時間~25時間。

トレレウ:

ブエノスアイレスから18時間~23時間。

パタゴニアの見所

バリローチェ

【バリローチェ】

正式にはサン・カルロス・デ・バリローチェ。パタゴニアの北部に位置していて『南米のスイス』と呼ばれています。スイス人の移民も多くアルプスを思わせる建物も多く存在します。スキーなどのウィンタースポーツが盛ん。また、クルージング、ラフティング、トレッキングなども人気です。

カテドラル山:

ナウエル・ウアピ国立公園やナウエル・ウアピ湖などを眺めることができ、山麓にはゲレンデがあり、スキーで人気のスポットです。

バリローチェ

アラジャネスの森:

ディズニーの映画『バンビ』の中にでてくる森はここをモチーフに作られたといわれる紅葉が美しい森。ケトラウエ半島のプント・ケトラウエで下船。

ビクトリア島:

ナウエル・ウアピ湖にある一番大きな島。バリローチェから約25kmほど離れた場所にあるバニュエロ港からカタマラン船に乗ってクルージングができます。

ナウエル・ウアピ国立公園:

アルゼンチンで一番古い国立公園。その中にある氷河湖のナウエル・ウアピ湖や山々は季節ごとに、美しい雪山や紅葉などを楽しむことができます。

カンパナリオの丘:

麓からリフトにのって山頂からロペス山、カテドラル山、オットー山を大パノラマで見ることができます。ジャオ・ジャオ半島から車で約30分。

【エル・カラファテ】

パタゴニアの氷河観光の中心地。ロス・グラシアレス国立公園があり観光の拠点として賑わいを見せる町。氷河だけでなく山も湖もありとても美しい景色が楽しめる場所です。

ペリトモレノ・ミニ氷河トレッキングペリトモレノ・ミニ氷河トレッキング

カラファテ バルコニー:(ドライバーガイド)
所要時間 3時間

カラファテ市内から南へ向かい、カラファテの丘を上がります。樹木のない大草原には道路がなく、良く整備された4WDでしか進む事が出来ない程険しい地形もあります。この冒険ツア-では、忘れられない位の絶景を楽しむ事が出来ます。カラファテを出発後、土と石の道を通って標高1050mの地点まで車で上りウイリチェ・エリアに到達します。

バルコニ-(丘)に到着すると、村やアルヘンティ-ノ湖の東側、もしお天気が良ければエル・チャルテンやセロ・ト-レ等の山々、そしてコンドルが雄大に空を飛んでいく姿を眺める事が出来ます。
ここでは写真を撮ったり、素晴らしい地形をじっくり観察したりしながら、パタゴニアの大自然を肌で感じる事が出来るでしょう。

もしかしたらツア-中に野生のグアナコや「シマロネス」と呼ばれる馬を見る事が出来るかも知れません。

そして、およそ8500万年前の化石を見つける事も出来る石の迷宮にも登ります。ここの石の地形を見たら思わずうっとりしてしまう事間違いありません。

このル-トは大自然が創り上げた本当に面白い地形の宝庫です。

また、ドライバ-は特殊な地形を運転するのにしっかりとした訓練を受け、十分な装備を整えておりますので安心してお楽しみ頂く事が出来ます。

料金はお問い合わせ下さい。

●エル・チャルテンの日帰りツアー(最低2名より):

ñandu(ニャンヅ)※別名チョイケñandu(ニャンヅ)※別名チョイケ

午前9時頃にカラファテのホテルを出発し、エル・チャルテンまで車で2時間程移動します。到着後ガイドと一緒に、フィツロイ山を美しく見れる事で人気のあるカプリ湖周辺のトレイルをトレッキングします。ここでは途中でグァナコやニャンヅ、パタゴニアン・ハレ(PATAGONIAN HARE)と呼ばれる野生のノウサギ等を見つける事が出来るかも知れません。

彼らは一見ウサギやシカ、カンガルーの様に見えますが、モルモットと同じ仲間です。岩の間などに棲んでいると、ずんぐりむっくりとした短足のモルモット型になり、パンパ等の草原に棲むと足長のマーラ型になるという、生息環境が動物の体形を決定するという典型でもあり、非常に興味深い動物です。

また、ここには南米の草原に生息するハヤブサの仲間であるチマンゴカラカラ(Chimango Caracara)が木の上から獲物を狙う様子を見る事も出来るでしょう。

フィッツロイ山等の切り立った山々の姿と美しい大自然。ここに来れば、壮大かつ壮麗なパタゴニアの風景に圧倒される事でしょう。昼食はランチボックスをサ-ビス致します。トレッキングを終えた後カラファテへ戻ります。

エルチャルテンへの道

山々を映し出す美しいカプリ湖の風景

●パイネ国立公園(チリ)日帰りツアー(設定日:月、水、金。ハイシーズンで希望者が多い場合は土も行うことがございます。):

パイネ国立公園 (Parque Nacional Torres del Paine) はチリのパタゴニア地方の南部にある自然公園です。アンデス山脈の一部をなし、角のような形をした山々、氷河と、それらを映す湖の景色が美しい事で有名です。 Torres del Paineは、スペイン語で、「Paineの塔」の意味で、パイネは、先住民 の古語で「青」の意味です。 ツア-内容は以下の通り。

午前7:00~7:30頃にホテルを出発し、車でチリとの国境へ向かいます。

アルゼンチン・チリの出入国手続きを行いパイネ国立公園へ向かいます。(チリは食料品等の持ち込み制限が非常に厳しく、国境で見つかると高額な罰金を請求されますのでご注意下さい。果物・チーズ・ハムなど加熱していない食品やハチミツ、植物等。)

車で向かう途中の景色も楽しみの1つで、グアナコ、 キツネ、ニャンヅなどを見かける事も御座います。

ñandu(ニャンヅ)※別名チョイケñandu(ニャンヅ)※別名チョイケ

パイネ国立公園の入場料はお客様が現地で直接お支払い下さい。入場料はお一人様15000チリペソ(日本円で約2660円2013年4月現在)、5~9月は8000チリペソ(日本円で約1400円2013年4月現在)です。

パイネ国立公園へ到着後、ガイドが一緒にご参加のお客様の体調など確認してトレッキングを行うことも御座います。

このツア-ではノルデンスコールド湖、アマルガ湖、サルトグランデ、ペホー湖等、数々の絶景を楽しむ事が出来ます。

料金はお問い合わせ下さい。

ノルデンスコールド湖(LAGO NORDENSKJOLD)ノルデンスコールド湖(LAGO NORDENSKJOLD)

アマルガ湖(LAGUNA AMARGA)アマルガ湖(LAGUNA AMARGA)

サルトグランデ( SALTO GRANDEサルトグランデ(SALTO GRANDE)

ペホー湖 (Lago Pehoe)ペホー湖 (Lago Pehoe)

天気が良く、風がない日には山がとても美しく湖に映り込む風景を見ることが出来ます。

サルトグランデはノルデンスコールド湖からペホ-湖に流れこむ大きいながらもとても繊細な印象を受ける滝です。

昼食はランチボックスをサ-ビス致します。

公園内をお楽しみ頂いた後、16時頃にカラファテへ向かって出発します。

途中再度アルゼンチン・チリの出入国手続きを行いカラファテへ向かいます。

到着は20~21時頃を予定していますが、出入国に掛かる時間により到着時間が1・2時間遅れる事も御座います。

*パイネ国立公園日帰り観光
 #国立公園の入場料は含まれていません。(40ドル程度・現地払い)
 #混載・英語ガイド。料金はお問い合わせ下さい。

●ウプサラ氷河1日ツア-:

朝食後カラファテを出発し、プエルト・バンデラス(PUERTO BANDERAS)へ向かいます。

プエルト・バンデラスで遊覧船に乗り換えボートツアースタート。ボートはアルヘンティノ湖のブラソ・ノルテを北西進み、まずスペガシニ氷河へ向かいます。(当日の天候により先にウプサラ氷河へ向かうこともあります。)ボートよりスペガシニ氷河の見学を行います。

その後ウプサラ氷河へ向かいます。氷河前に浮かびますアイスバーの状況によりどこまで近づけるかが決定します。(アイスバーにより多少離れた場所からの見学となることもございます。)

ウプサラ氷河を見学後、ボートはプエルト・バンデラス方向へ戻り、カナル・デ・ロス・テンパノスを通りペリト・モレノ氷河北壁を見学。(ペリト・モレノ氷河ツアーでボートツアーを含めた場合通常南壁を見学致します。)その後プエルト・バンデラスへ戻り、車に乗り換えカラファテへ戻ります。

※このツアーに参加される場合、ボート内には小さなコーヒーショップしかない為市内からランチを持参される事をお勧め致します。

※参考:ウプサラ氷河豆知識

ウプサラ氷河の高さは最大で80~100メ-トルにもなります。(通常観光で見れる高さは40メートル程の所が多い様です。)

高さ100メ-トルってどの位高いのでしょう?

日本においては一般に100m以上の高さのビルのことを超高層ビルと呼びますが、100メ-トルというと30階建ての屋上位の高さに匹敵します。

圧倒的な氷河の奥行きやスケ-ル感はやはり実際に目で見ないと実感する事は出来ませんが・・・。

地球上にこんな景観があったのかとただただ驚くばかりです。

ウプサラ氷河の後ろにはアルヘンティネアン山(Argentinean mountains)がそびえており、大迫力の自然を更に美しい物にしています。

※参考:ウプサラとペリトモレノとの違いは??

ロスグレシアス国立公園内にはペリト・モレノ氷河、ウプサラ氷河、スペガッツィ-ニ氷河の3つの氷河があります。

ペリト・モレノ氷河では氷河の近くに展望台があり、近くからじっくり観察する事が出来る為、運が良ければ氷河が崩れ落ちる時の音等、迫力を間近で体感する事が出来ます。

一方、ウプサラ氷河のコースでは水道に浮かぶアイスバーに囲まれながらボートツアーを行う部分もあり、この迫力も素晴らしいものがありますが、近年は氷河の減少により、あまり近づけなくなっていますので、ペリトモレノ氷河の方がお勧めです。

こんな大きな氷の塊が浮かんでいる事も・・・。

この2つの違った氷河の表情を見る事が出来るコ-スに参加して頂けば、美しいパタゴニア氷河の魅力を十分に実感する事が出来るでしょう。

*ウプサラ氷河ボートツアー観光
 #昼食(ボックス)、公園の入場料含む。
 #混載・英語ガイド。

料金はお問い合わせ下さい。

ツアーのお問い合わせ・相談はこちら

その他関連情報その他関連情報

  • アルゼンチンの国旗

    アルゼンチンの基本情報

    アルゼンチンの気候、持ち物リスト、食文化、旅行のポイントなど役立つ情報をわかりやすくまとめました。

    詳細を見る

  • アルゼンチンツアー

    アルゼンチンツアー

    情熱的なラテンの国アルゼンチン、感動と驚嘆の冒険の旅へあなたをご案内します。

    詳細を見る

  • パタゴニアクルーズツアー

    パタゴニアクルーズツアー(アウストラリス号クル-ズ)

    最新の大型クルーザーで行く最後の秘境パタゴニア。ここ南米でも、旅はここまで便利に、快適になりました。

    詳細を見る

  • パタゴニア、氷河クルーズツアー

    パタゴニア、氷河クルーズツアー(MARPATAGサンタクルス号カタマラン)

    氷河の魂を受け止める:パタゴニアの最新のカタマランで行く、世界の中で最も印象的な「氷河ショー」の一つ。

    詳細を見る

  • アワシ・パタゴニア:巨人の魂「パイネ」

    アワシ・パタゴニア:巨人の魂「パイネ」

    パタゴニア:パイネ国立公園での最高の旅へご紹介いたします。

    詳細を見る

  • ブエノス・アイレス情報

    ブエノス・アイレス情報

    南米1のグローバル都市、ブエノスアイレスの魅力をたっぷりとお伝えします!アルゼンチン旅行ならスールトレックへ。

    詳細を見る

  • パタゴニア旅行

    パタゴニア旅行

    あこがれのパタゴニアへ!でもその前にパタゴニアってどこ?というあなたへの情報ページ。

    詳細を見る

  • イグアスの滝ツアー

    イグアスの滝ツアー

    世界三大瀑布の一つイグアスの滝、イグアスの滝への行き方のご紹介。

    詳細を見る

  • メンドーサ情報

    メンドーサ情報

    ワイン畑が立ち並ぶ牧歌的な風景のメンドーサは、アルゼンチンの中でも今最も注目を集めている地域のひとつ。

    詳細を見る

  • フフイ情報

    フフイ情報

    南米先住民族の文化が色濃く残るフフイの街は、アルゼンチン国内ツアーはもとより、ヨーロッパからも多くの観光客が訪れる魅力的な目的地。

    詳細を見る

  • アルゼンチンタンゴ世界大会ツアー

    アルゼンチンタンゴ世界大会ツアー

    タンゴフェスティバルとタンゴムンディアルを観戦するためのツアーをご紹介します。

    詳細を見る