南米旅行現地ツアー旅行会社スールトレック > アルゼンチン情報一覧 > フフイ情報

サン・サルバドール・デ・フフイ/サルタ/コルドバ情報

ワイン畑が立ち並ぶ牧歌的な風景のメンドーサは、アルゼンチンの中でも今最も注目を集めている地域のひとつです。フフイ、サルタ、コルドバへのご旅行をお考えの方へ有益な情報を集めてみました。

ウマワカ渓谷の虹の丘

サン・サルバドール・デ・フフイとはアルゼンチンの北部にある州でチリ、ボリビアとの国境に位置。

乾燥した大地が広がります。

アルゼンチンの中でも一番インディヘナ(原住民)が多い場所。フォルクローレの音楽も色濃く残っています。

河川の浸食によってできたウマワカ渓谷は『虹の丘』と呼ばれ2003年に世界遺産に登録されています。

サン・サルバドール・デ・フフイへの行きかた

空路:

ブエノスアイレスから毎日1~2便運行していて所要時間は約2時間。オラシオ・グスマン国際空港から市内までは約30キロ離れています。ミニバスが運行していて料金10ドル程度、タクシーだと約45ドル。

陸路:

ブエノスアイレスから1日17便程のバスが運行。所要時間は19時間~25時間。サルタからは約2時間、ボリビアのラ・キアカからは約5時間半。バスターミナルからセントロまでは徒歩10分。

サン・サルバドール・デ・フフイの見どころ

ウマワカ渓谷

南米のグランドキャニオンと呼ばれているこの渓谷はグランデ川に沿って続いていてカラフルな地層が特徴的で全長150mに及びます。『虹の丘』とも呼ばれていてその姿はとても美しい事で有名です。2003年にユネスコの世界文化遺産に登録されています。渓谷への行き方は、ラ・キアカ行の路線バスが一般的。フフイからバスで約3時間。サルタやフフイからのツアーに参加するのが効率的。

ティルカラ

フフイの街から約55kmにある小さな村。ここには、インカ時代の城跡などが残っています。考古学博物館があり興味深いウマワカ文化の出土品などを見ることが出来ます。フフイからラ・キアカ行きのバスで約1時間半。

考古学博物館(ティルカラ)
住所:Belgrano 445 TEL:495-5006
開園時間:9時から18時

ウマワカ

フフイから126kmはなれた北にある小さな町。石畳に日干し煉瓦の建物が多く見られます。ウマワカ渓谷への拠点の場所。
フフイからバスで約3時間

サン・サルバドール・デ・フフイのホテル

ホテル:

オアシス:
フフイにある2005年にオープンした比較的新しいホテル。エアコン、サウナ、プールも完備。
住所:Ramirez de Velazco 244
電話: 424-1017
URL:www.ohasishoteljujuy.com

ビエンド・ノルテ:
2007年にオープンした新しいホテル。インカをモチーフにした客室がおしゃれ。
住所:Jujuy 536, Tilcara
電話:495-5604
URL:www.hotelvientonorte.com.ar

サルタ

サルタとはアルゼンチンの北西部に位置している州で、チリ、ボリビア、パラグアイの国境に位置しています。人口約107万人でワインやタバコの生産地。かつては国境をつなぐの町として栄えていて、現在はスペイン人によって建てられたコロニアルの町並みが美しく残っています。

サルタの町並み

サルタへの行き方

空路:

ブエノスアイレスからサルタへ4~6便毎日運行していて、所要時間は約2時間。イグアスからは、週2便約1時間45分で、ボリビアのサンタクルスからは週1便約1時間20分で運行しています。サルタにあるエル・アヤバル空港からは市内まで約15分、ミニバスが出ています。

陸路:

ブエノスアイレスから毎日1~2便数社のバスが運行。所要時間は20時間程度。コルドバからは1日6便ほどで、所要時間約14時間。メンドーサからは約20時間、フフイからは約2から3時間。ボリビアのラ・キアカからは約8~9時間。 バスターミナルから市内までは約1キロ。セントロまでは徒歩で15分の距離。

サルタの見どころ

 

カテドラル:

1858年に建てられた教会。7月9日広場に面したピンク色の建物に美しい内装。教会内にはサルタ出身の英雄マルティン・ミゲール・デ・グエメス将軍の棺が収められています。

サン・ベルナルドの丘:

市内から東に行った場所にある標高1454mの丘。サルタの町全体を眺めるのに最適な場所。ゴンドラで行くことができます。
サンベルナルドの丘のゴンドラ
住所:Av.San Martin e H. Yrigoyen
電話:431-0641
営業時間:10時から19時45分
定休日:なし

考古学博物館:

1999年にユヤイヤコ山で発見された3体のミイラが展示されています。
氷で包まれていたため保存状態がとてもいいので必見です。アンデス文化について学ぶことができます。
住所:Mitre 77
電話:437-0499
開演時間:11時から19時30分
定休日:月曜日

雲の列車:

雲の列車

標高1187mのサルタから始まり一番高い場所は4220mまで達する雲の列車。サルタからチリ国境までを走っています。列車はスイッチバックを繰り返して山岳地帯を登っていきます。
雲の列車
電話:422-3033
営業時間:7時05分から23時48分まで
定休日:日曜日から金曜日

サルタのレストラン・ホテル

レストラン:

ラチュエカ:
たくさん種類のエンパナーダが自慢のお店。サルタ風のエンパナーダが食べられます。サルタ風のエンパナ-ダはジャガイモ、牛肉、ヤギ肉、および様々な赤トウガラシを使うことが特徴です。
営業時間:12時から15時、20時から24時 定休日:なし
住所:Espana 467 電話:422-0653

ニュータイム:
7月9日広場前にあるカフェレストラン。アルゼンチン料理も食べることが出来ます。
営業時間:6時半から翌朝4時まで 定休日:なし
住所:Caseros esq. Mitre
電話:431-7567

サルタのホテル:

ホテル・サルタ:
7月9日広場前にあるホテル。サンフランシスコ教会など眺めがよく、観光にも好立地。
住所:Buenos Aires 1
電話:426-7500
URL:www.hotelsalta.com

パティオス・デ・レルマ:
サルタ駅前に建つ2008年オープンの新しいホテル。ジャグジーやサンデッキなど屋上に完備。
住所:Ameghihno 653
電話:432-0500
URL:www.patiosdelerma.com.ar

コルドバ

アルゼンチンの西北西に位置するアルゼンチン第二の都市。人口120万人で、コロニアルの建物が多くある街で2000年にその町並みがユネスコの世界遺産に登録されました。

コルドバへの行き方

空路:

ブエノスアイレスから8~15便、所要時間は1時間15分。トゥクマン、メンドーサからはサザンウィンズ航空で約50分。チリのサンティアゴからはラン航空で約1時間半。コルドバのパハス・ブランカス空港からセントロまで約15km。

陸路:

ブエノスアイレスからたくさんのバスが出ています。約9時間から13時間。サルタやフフイからは夜行バスがあり所要時間12時間。メンドーサからは10時間、トゥクマンからは8時間の所要時間。

コルドバの見どころ

 

ラ・コンパーニャ・ヘヘス教会:

1940年に建設がはじめたれた国内最古といわれる教会。質素な作りの外観に内装はとても彫刻や装飾が美しい。

国立コルドバ大学:

1613年に、イエズス会が創立したアルゼンチン最古の大学で、この大学から革命家のチェ・ゲバラや元大統領のカルロス・メネムなどが出ています。

カテドラル:

サンマルティン広場に面したバロック建築。1697年に建設開始して1784年に完成。夜のライトアップはいっそうきれいです。

コルドバのレストラン・ホテル

レストラン:

ラ・シャーシャ:
パリージャのお店。パンパの高原で育った牛肉が自慢。英語メニューあり。
営業時間:12時から15時、20時から1時 定休日:なし
住所:Independencia 468 電話:411-5487

エル・ルエド:
カテドラルの裏にあるレストラン。外にカフェテリアがありとても居心地がよい雰囲気。
営業時間:6時半から翌朝2時まで 定休日:なし
住所:Obispo Trejo 84
電話:422-0347

コルドバのホテル:

アメリカン・コルドバ・パーク・ホテル:
サンマルティン広場から徒歩10分の場所に位置しているホテル。サウナ、カフェバー、屋外プールなど完備。
住所:Blvd.San Juan
電話:420-7000
URL:www.amerian.com

ホテル・ヘイディ:
カントリー調のスイスの山小屋をモチーフにしたホテル。バスターミナルまですぐの場所。
住所:Blvd.Allia 615
電話:421-8906
URL:www.hotelheydi.com.ar

コルドバから少し足を延ばして、アルゼンチン版・オクトーバーフェスト(ビール祭り)はいかが!?

コルドバからバスで2時間程の所にある山間の小さな町、ビジャ・ヘネラル・ベルグラーノでは毎年10月頃にビール祭りが開催されます。

ドイツの民族衣装を着た地元の人々。ドイツの民族衣装を着た地元の人々。

アルゼンチンとは思えない本格的なドイツ料理の数々。アルゼンチンとは思えない本格的なドイツ料理の数々。

このお祭りの発祥はドイツ・ミュンヘンですが、近年日本でも地ビールブームに乗って各地で沢山のオクトーバーフェストが開催されています。
日本人には全くと言っていい程知られていないこのアルゼンチンの田舎町はドイツ系移民が造った町なので、今でも伝統的な製法で地ビールを多く醸造しており、10月にはお祭りが開かれます。
そんなユニークなお祭りに参加してみたい方は弊社でアレンジ可能です。
是非お気軽にご相談下さい。

公式HP: http://vgb.gov.ar/oktoberfest/

スールトレックスタッフが行ってみた時のブログはこちら
http://goo.gl/gQMh2S

ツアーのお問い合わせ・相談はこちら

その他関連情報その他関連情報

  • アルゼンチンの国旗

    アルゼンチンの基本情報

    アルゼンチンの気候、持ち物リスト、食文化、旅行のポイントなど役立つ情報をわかりやすくまとめました。

    詳細を見る

  • アルゼンチンツアー

    アルゼンチンツアー

    情熱的なラテンの国アルゼンチン、感動と驚嘆の冒険の旅へあなたをご案内します。

    詳細を見る

  • パタゴニアクルーズツアー

    パタゴニアクルーズツアー(アウストラリス号クル-ズ)

    最新の大型クルーザーで行く最後の秘境パタゴニア。ここ南米でも、旅はここまで便利に、快適になりました。

    詳細を見る

  • パタゴニア、氷河クルーズツアー

    パタゴニア、氷河クルーズツアー(MARPATAGサンタクルス号カタマラン)

    氷河の魂を受け止める:パタゴニアの最新のカタマランで行く、世界の中で最も印象的な「氷河ショー」の一つ。

    詳細を見る

  • アワシ・パタゴニア:巨人の魂「パイネ」

    アワシ・パタゴニア:巨人の魂「パイネ」

    パタゴニア:パイネ国立公園での最高の旅へご紹介いたします。

    詳細を見る

  • ブエノス・アイレス情報

    ブエノス・アイレス情報

    南米1のグローバル都市、ブエノスアイレスの魅力をたっぷりとお伝えします!アルゼンチン旅行ならスールトレックへ。

    詳細を見る

  • パタゴニア旅行

    パタゴニア旅行

    あこがれのパタゴニアへ!でもその前にパタゴニアってどこ?というあなたへの情報ページ。

    詳細を見る

  • イグアスの滝ツアー

    イグアスの滝ツアー

    世界三大瀑布の一つイグアスの滝、イグアスの滝への行き方のご紹介。

    詳細を見る

  • メンドーサ情報

    メンドーサ情報

    ワイン畑が立ち並ぶ牧歌的な風景のメンドーサは、アルゼンチンの中でも今最も注目を集めている地域のひとつ。

    詳細を見る

  • フフイ情報

    フフイ情報

    南米先住民族の文化が色濃く残るフフイの街は、アルゼンチン国内ツアーはもとより、ヨーロッパからも多くの観光客が訪れる魅力的な目的地。

    詳細を見る

  • アルゼンチンタンゴ世界大会ツアー

    アルゼンチンタンゴ世界大会ツアー

    タンゴフェスティバルとタンゴムンディアルを観戦するためのツアーをご紹介します。

    詳細を見る